フランサ駅

マーカーはフランサ駅です。

フランサ駅
[フランサ駅 (カタルーニャ語:Estació de França、スペイン語:Estación de Francia) はバルセロナの主要な鉄道駅の一つ。フランサ駅はバルセロナで中距離列車及び長距離列車に於いてバルセロナ・サンツ駅に次いで2番目に列車の発着の多い駅である。しかし、この状況は高速列車AVEのサンツ駅乗り入れ、及び、建設中のサグレラ駅の完成によるサグレラ駅への旅客集中によって失われるかもしれない。最初の鉄道駅は、駅名が示すようにフランスから到着する列車の駅として19世紀にこの場所に建てられた。また北東カタルーニャコスタ・ブラバへの列車の駅としても建設された。バルセロナ万国博覧会_(1929年)に合わせ建替えが行われ、駅を構成する2つの巨大な建屋が建築家のペドロ・ムグルサによって設計され、アルフォンソ13世_(スペイン王)によって落成式が行われた。建屋はU字形で線路を囲む。駅の大きさは高さ29m、長さ195mである。一般に、フランサ駅は都市で最も美しい駅と考えられる。歴史的な様式と近代的な様式が融合した落ち着いた建物はそれ自体に見る価値があり、更に大理石・青銅・水晶及びモデルニスモアール・デコモチーフによる装飾で完成される。ここ30年間、バルセロナの中心駅の座は地下駅であるサンツ駅に奪われている。バルセロナの他の駅は全て、少なくとも一部地下であり、フランサ駅は唯一の例外である。元々の駅舎の一部は現在、フランサ・ビルとしてポンペウ・ファブラ大学によって利用されている。
駅正面・wikipedia-photo、空からの眺め・wikipedia-photo、プラットフォーム・wikipedia-photo  (wikipedia・フランサ駅より)]

[バルセロナ・フランサ駅(Estacie de França)はバルセロナでもっとも美しい外観を持つ駅として知られています。バルセロナ市街地の東部にあって、動物園と港に至近です。すぐ側には地下鉄4号線のバルセロネータ駅があります。
バルセロナ・フランサ駅は、近郊および長距離路線ともに、バルセロナ・サンツ駅に次いで利用者の多い駅です。国際列車の発着駅でもあり、豪華夜行列車エリプソスはフランサ駅発着でパリとの間を毎日運行しています。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄:バルセロナ・フランサ駅から地下鉄10号線へは簡単に乗り換えができます。
バス: 駅の外に空港バス(Aerobus A1)乗り場があります。
タクシー: 駅の外にタクシー乗り場があります。
空港:空港に直接アクセスできる公共交通手段はありません。  (「バルセロナ・フランサ駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

カメラ南東方向がフランサ駅です。

フランサ駅エントランスホールのカメラです。

フランサ駅プラットホーム頭端のカメラです。

フランサ駅プラットホームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*