Mercat del Born

マーカーはMercat del Bornです。

Mercat del Born
[メルカットデルボルンはかつての公共市場であり、鉄で建設されたバルセロナ、カタルーニャ、スペインで最も重要な建物の1つです。ラリベラ周辺の東側に位置し、ヨーロッパ最大の屋根付き広場で、カタロニア建築のモダニズムの始まりを示しています。
市場は長方形で、2 つの大きなドーム型の交差する建物と 4 つの小さなスペースがあります。 構造は、艶をかけられたタイルで覆われた平らな屋根を備えた鋳鉄の柱で支えられています。
市場は、1873 年に市の建築家アントニ・ロビラ・イ・トリアス (Antoni Rovira i Triasサン・アントニ市場も設計した) によって設計され、1874 年から 1878 年の間に、マスター・ビルダーのジョセップ・フォンセレー・イ・メストレ(Josep Fontserè i Mestre)とエンジニアのジョセップ・マリア・コルネ・イ・マス(Josep Maria Cornet i Mas)によって建てられました。鋳鉄製の柱と金属製の馬の構造は、La Maquinista Terrestre i Marítima によって製作されました。
市場は 1878 年に操業を開始し、1971 年まで町の中央市場として使用されていました。閉鎖時には卸売市場として機能していましたが、ソナ・フランカ(Zona franca)にメルカバルナ(Mercabarna)がオープンしたことで置き換えられました。]

[バルセロナでもおしゃれお店やカフェが並ぶBORN地区。このBORN地区の新しいランドマークともいえるEl Born Centre Culturalが2013年9月11日にオープンしました!もともと地区の市場として建てられましたが1920年から1971年までの間、バルセロナの中央市場として利用されていました。長いこと閉鎖されていた建物は修復を経て図書館になる予定でしたが、採掘中に大規模な遺跡が発見されて、市民が見学できるカルチャースペースとしてオープンすること至ったのです。
マーケットとして利用されていた建物はJosep Fontsereによって1876年に建てられました。バルセロナ市の最初の鉄構造、モデルニズム建築として重要な建物の一つです。そして現在遺跡として見ることができるのが1700年ごろのバルセロナです。つまり1714年にバルセロナ包囲戦 (1713年-1714年)スペイン・ブルボン朝フェリペ5世(在位:1700年 – 1724年、1724年 – 1746年)率いるスペイン・フランス連合軍に征服される前のバルセロナの町を見学することができるのです。状態は非常によく、映像なども館内ではうまく取り入れられていて、当時の様子を思い浮かぶことでしょう。
シウタデリャ公園(シウダデラ=要塞)の名前に残っている通りこの辺りは、1714年にスペイン王国に征服されたのち、商業施設が取り壊され、中央政府に反乱する人々を処刑する要塞が建てられていました。その要塞が建てられる前のバルセロナの町の再現はカタルーニア人にとって感慨深いものとなっているようです。カルチャーセンターという通り常設の遺跡のほかに、臨時の展示会、コンサートなど数多くのイベントが行われています。  (「BORN地区の新しい観光スポット。長い修復を経てついに …」より)]

Mercat del Bornホームページ

Mercat del Born – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がMercat del Bornです。

Mercat del Born内のカメラです。

Mercat del Born内レストランスペースのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*