クアルト・タワー

マーカーはクアルト・タワーです。

クアルト・タワーTorres de Quart
[トレス・デ・クォート(Torres de Quart)またはプエルタ・デ・クォート(Puerta de Quart・クアルト(Cuarte)とも呼ばれます)は、バレンシアの中世の壁の2つの要塞化された門のうちの1つです。セットは、門自体が半円形のアーチの形で開かれている中央本体によって結合された2つの半円筒形の塔で構成されています。塔は、ギレン・デ・カストロ通り(calle Guillén de Castro)とクォート通り(calle Quart)の交差点に位置しています。
クアルト・タワーは、バレンシア大聖堂(サンタ・マリア大聖堂)のあるビルヘン広場からクアルト・デ・ポブレット(Cuart de Poblet)の町まで、市内中心部から通じている道路に位置していることに由来しています。塔はカスティーリャから来る交通の西のアクセスでした。トレス・ド・クォートは、クアルテの扉または門と石灰の扉とも呼ばれています。
トレス・ド・クォートは、15世紀の1441年から1460年に建てられました。これらの城壁に囲まれた塔は、スペイン独立戦争スペイン継承戦争スペイン内戦に耐えてきました。厚い壁に独立戦争の大砲によって引き起こされた影響の痕跡を見ることができます。
1931年に塔は国定記念物として宣言され、スペインの歴史遺産に関する法律16/1985で指定されました。
バレンシアのレパント通りの角からの眺め・wikipedia-photo、「クアルト・タワー」外観・wikipedia-photo、「クアルト・タワー」・wikipedia-photo、内観・wikipedia-photo、背面図・wikipedia-photo、「クアルトストリートからのクアルト・タワーの外観」・wikipedia-photo、ナポレオン時代1808年6月の爆弾の痕跡・wikipedia-photo、東塔と胸壁の詳細・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、クアルト・タワーに関するマルチメディアカテゴリがあります。]

中世の壁の状況、青、バレンシア市の主要、副門、門。

クアルト塔 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がクアルト・タワー外側です。

黄昏のクアルト・タワー

門扉前のカメラです。

カメラ南西方向がクアルト・タワー内側です。

登り石段のカメラです

門扉上ステップのカメラです。

門扉上歩廊のカメラです。

屋上からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*