サンタ・カタリナ塔

マーカーはサンタ・カタリナ塔です。

サンタ・カタリナ塔(サンタ・カタリナ教会・Iglesia de Santa Catalina)
[サンタ・カタリナ教会は、バレンシア市(スペイン)にあるバレンシア・ゴシック様式の教会の1つです。教会は、現在の大聖堂地区のロペ・デ・ベガ広場(plaza Lope de Vega)で、旧モスク跡に造られました。13世紀に教会は教区の地位を獲得しました。 側面の控え壁を備えた3つの身廊で構成され、その中に礼拝堂が設置されています。 教会のバロック様式の塔は非常に象徴的です。
16世紀には、建物はルネサンスの趣味に合った古典主義の装飾が施されていました。1548年に恐ろしい火災が発生した後、部分的に再建されました。1785年、バロック様式の外観に改修されました。
1936年スペイン内戦勃発時、教会は共和党の民兵によって襲撃され、焼失し、完全に破壊されました。 1950年代には、バロックと新古典主義の装飾の壁を取り除き元のゴシックの装飾に戻すために、復旧作業が行われました。
1981年以来、文化的関心のある財産(Bien de Interés Cultural)に指定されています。
サンタ・カタリナ塔
1688年10月5日、バレンシアの大司教、フアン・トマス・デ・ロカベルティ(Juan Tomas de Rocaberti)の命令により、最初の石を敷設して記念塔の建設を開始し、1705年に完成しました。 高さ56.12 mに達します。
塔の建設はバレロ・ビニェス(Valero Viñes)によって始められましたが、1693年にバレロ・ビニェスが亡くなると、弟のフアン・バウティスタ・ビニェス(Juan Bautista Viñes)が建設を指揮しました。最終的にこの素晴らしい作品の最終設計者であり、記念墓石に登場する人物です。
現在、それはオリジナルで再現不可能なモデルと見なされています。 六角形で、4つのフロアに加えて、鐘と神殿があります。 外では、床はタワーを囲む水平な化粧木枠によって囲われています。 各セクションには、豊かなバロック様式の装飾に囲まれた溝付きの窓が開いており、一部は目隠しで、その他は階段に光が通過できるように開いています。 タワーへのアクセスは低いドアを介して行われます。このドアは、タワーの上部にある広くて快適な螺旋階段にアクセスできる階段下につながっています。螺旋階段上のベル本体床の周囲に六つの半円形のアーチ型の開口部があります。
塔の上部には石の欄干があり、そこから2階建ての寺院が立ち上がっており、魚鱗の形をした小さな石のドームで覆われています。ドーム上に、球体と聖人のシンボルを備えた風見鶏が設置され、56.12メートルに達することができ、その上部に十字架があります。
2002年11月28日に塔の修復が開始されました。
「ロペ・デ・ベガ広場(plaza Lope de Vega)からの教会」・wikipedia-photoレイナ広場から見た教会の塔・wikipedia-photo]

Church of Santa Caterina – Google Map 画像リンク」「Torre de Santa Catalina – Google Map 画像リンク」

カメラ初期設定方向がサンタ・カタリナ塔です。

サンタ・カタリナ塔前のカメラです。

カメラ東北東方向がサンタ・カタリナ教会の正面です。

サンタ・カタリナ教会拝廊のカメラです。

ベル本体部分のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*