サントス・ファネス教会

マーカーはサントス・ファネス教会です。

サントス・ファネス教会Iglesia de los Santos Juanes
[サントス・ファネス教会の王立教区は、バレンシア市のメルカード広場ラ・ロンハ・デ・ラ・セダの前で、バレンシア中央市場の隣にある教会です。
教会は1858年以来、同年6月2日に教会を訪問したスペイン女王イサベル2世(在位:1833年 – 1868年)の命令により、「Real」と冠されました。
1947年2月21日以来、文化的関心のある財産(Monumento Histórico Artístico Nacional)に指定されています。
バレンシアのゴシック建築の起源で、火災のために14世紀と16世紀に再建されました。17世紀から18世紀初頭にかけて、最終的にバロック様式の外観を持つようになります。
バレンシアのゴシック様式の古い構造には、身廊と正面ファサードに大きなバラ窓として考えられていた、Sant Joanとして知られている、壁で覆われた円形の枠(オクルス)があります。その外観は1700年に改変されました。
ヤコポ・ベルテシ(Jacopo Bertesi)によって設計されたロザリオの聖母(Virgen del Rosario)の中央の彫刻は、メルカード広場を見下ろす東側ファサードを際立させています。その上には時計塔があり、ファサードの上に配置された2つのサントス・ファネス(Santos Juanes)と時計塔上に聖ヨハネの鳥(pájaro de San Juan・バレンシア語でpardal de Sant Joan)として知られている、風見鶏が並んでいます。
教区の聖職者は、建物で火災が発生した後、新しい装飾を画家アントニオ・パロミノ(Antonio Palomino)に依頼しました。パロミノは1697年にバレンシアを訪れ、3、4年滞在し、サントス・ファネス教会の天井を含むフレスコ画に専念しました。
スペイン内戦中、1936年7月19日の戦災の影響はまだ残っています。
歴史
その起源は、市内の他の多くの小教区の場合と同様の、エルミタージュ(宗教的な隠れ家)に変換された古いモスクにあります。古い教会は、1240年以前にモスクの上に建てられました。 それは、アラブの壁の外、バブ・アルカイサリヤ(Bab al-Qaysariya)とクレブラ(Culebra)の門の近くにありました。バレンシアの中世の壁が建てられたとき、すでにバレンシアに含まれていました。
サントス・ファネス教会は、ゴシック建築の明確な例であり、当時のバレンシア建築の特徴的な構造、バットレス(控え壁)に礼拝堂のある大きな身廊がありました。
14世紀には、火災によりすべてが再構築され、同じ元のスタイルで再現されました。新しく再建された寺院で、聖ビセンテ・フェレールは説教をし、そこで洗礼者聖ヨハネの日(6月24日)に彼の最初の説教を捧げました。教区に関連する別の性格は、ロドリゴ・ボルハの存在です、ボルハ家(ボルジア家)は、アラゴン連合王国バレンシア王国を発祥地とする貴族の家系です。ロドリゴ・ボルハは後の教皇アレクサンデル6世(在位:1492年 – 1503年)で、ルネサンス期を代表するローマ教皇であり、また最も悪名の高いローマ教皇でもある。ロドリゴ・ボルハは外交官としての功績が教会から評価され、教皇マルティヌス5世(在位:1417年 – 1431年)によってバレンシア司教に任命されます。
1592年、教会は火災を受け、その後内陣が修復されました。この修復は、バレンシアの総督(Virrey de Valencia)とアンティオキア総主教(Patriarcado de Antioquía)の家長であるサン・フアン・デ・リベラ(San Juan de Ribera)大司教によって指揮されました。
17世紀の半ばに、破壊された隣接する家が占めていた土地を使用して、聖体拝領礼拝堂が寺院に追加されました。
1693年から1702年にかけて、最後の重要な改修が行われ、教会の現在の形が残されました。
1936年7月、教会はスペイン内戦勃発による火災攻撃を受けました。
サントス・ファネス教会東側ファザード・wikipedia-photo、カルニチェロス通りの角からの教会西側ファサード・wikipedia-photo、ポータル・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、天井の眺め・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズは、サントス・ファネス教会についてのマルチメディアカテゴリをホストしています。]

中世の壁の状況、青、バレンシア市の主要、副門、門。
橙色のエリアがローマ時代の城壁内、赤色のエリアがアラブの壁、青色のエリアが1356年 – 1370年建設されたバレンシアの中世の壁です。サントス・ファネス教会の場所はアラブの壁の外で、Bab al-Qaysariya のBabに重なる場所になります。

Church of the Saints John – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がサントス・ファネス教会です。

カメラ東方向がサントス・ファネス教会です。

身廊のカメラです。

祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*