バレンシア中央市場

マーカーはバレンシア中央市場です。

バレンシア中央市場
[ヨーロッパ1と言われている、バレンシアの中央市場(MERCADO CENTRAL)。その歴史は古く、アラブの時代から始まった。最初は、市場の立つ日が決まっていたが、人口と農業の広がり、またLA LONJAの出現によってだんだんと毎日行われるようになった。その噂は、フランスまで届き、フランスからの移民が増えたという。その後、スイス人ドイツ人ジェノバ人マルタ島人等も商いを行い始めた。その後、この市場は、さまざまな遍歴を経て、1914年の11月から再建築が始まり、1928年に完成した。
売っているものも、半端でなく幅広い。食だけではなく、保険屋さん、不動産屋さん、写真屋さん、革製品、靴屋さん、そして、いわゆる100円ショップも入っている。ただ、やはり目に留まるのは、活気のよいお魚屋さん、陳列の仕方で圧倒されるハム、ソーセージ等腸詰製品、鶏、牛、豚と専門店になっている生肉屋さん、そして色鮮やかな野菜屋さん、果物屋さんである。共通して言えるのは、どのお店の人も質問をすれば、気持ちよく答えてくれることである。人懐っこいスペイン人に会える場所である。  (「バレンシアにある、すんごーい大きな市場を探検しよう …」より)]

[バレンシア市民の台所と言えば、「Mercado Central 中央市場」です。新鮮な魚介類やカラフルな野菜が所せましと並ぶ市場は、いつもバレンシア市民で活気にあふれています。モデルニズモ建築の中央市場は可愛らしく、屋根の上に立つ風見鶏や風見魚(?)なども愛嬌たっぷり。内部はクーポラから光が入り明るくて清々しい印象の市場です。やはり目を引くのは店頭にズラリとぶら下がっている生ハム。まさにスペイン!という光景です。1本購入する人もいますが、多くはショーケースの生ハムの塊から選んで、スライスしてもらって購入します。また予めスライスされたものが真空パックになっているものもあります。  (「市民の台所 中央市場 – スポット – ValenciaStyle バレンシア・スタイル」より)]

バレンシア中央市場 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がバレンシア中央市場です。

バレンシア中央市場出入り口のストリートビューです。

バレンシア中央市場内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*