バレンシア自治州政府庁舎

マーカーはバレンシア自治州政府庁舎です。

 

バレンシア自治州政府庁舎(Palacio de la Generalidad Valenciana)
[スペインバレンシア市のジェネラリタ宮殿(Palau de la Generalitat)は、15世紀からルネサンスの介入を受けたバレンシアのゴシック様式の建物です。 1931年以来、文化的関心のある財産(Bien de Interés Cultural)となっています。
カバレロス通り(calle Caballeros)の終わり、以前はサンバルトロメ広場と呼ばれたマニセス(Manises)広場にあります。ジェネラリタ宮殿の東側に、聖母教会堂(バジリカ)に面するビルヘン広場があります。 ビルヘン広場の南側はサンタ・マリア大聖堂になります。ジェネラリタ宮殿は現在バレンシア自治州政府庁舎となっています。
現在、バレンシアの歴史を通じてバレンシアの政府であるバレンシア自治州政府庁舎ですが、バレンシアの歴史を通じて、この建物は次の機関を収容しており、その名前が付けられています。
バレンシア王国総督下院(Casa de la Diputación del General del Reino de Valencia・1421年から1705年) – この時期のバレンシア王国(1237年 – 1707年)はアラゴン連合王国でもっとも人口の多い都市となっている
●王立正義の聴聞会(Real Audiencia・1750-1923)。
●州議会(Diputación Provincial・1923-1982)。
●バレンシアの人気の実行委員会(Comité Ejecutivo Popular・1936-1937)。
●バレンシア自治州政府(Generalitat Valenciana・1982-現在)。
バレンシアジェネラリタ宮殿・wikipedia-photo、「1870年、バレンシア広場から見たジェネラリタ宮殿の眺め。」・wikipedia-photo]

Wikimedia Commons alberga una galería multimedia sobre Palacio de la Generalidad Valenciana.

Palau de la Generalitat – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がバレンシア自治州政府庁舎です。

バレンシア自治州政府庁舎中庭のカメラです。

宮殿大ホールのカメラです。

宮殿『ノヴァルーム(Sala Nova)』のカメラです。

宮殿『王の居間(Sala de los Reyes)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*