バレンシア先史博物館

マーカーはバレンシア先史博物館です。

バレンシア先史博物館(Museo de Prehistoria de Valencia)
[バレンシア先史博物館は、バレンシア市(スペイン)のコロナ通り(calle Corona)36番地にある博物館です。
博物館は、旧石器時代から西ゴート時代までを網羅する考古学資料を展示しています。 1982年以降、ラ・ベネフィセンシア文化センター(Centro Cultural la Beneficencia)の一部を占めています。1841年に建てられた建物で、1881年にビザンチン様式で建てられました。1995年、建築家のラファエル・リベラ(Rafael Rivera)が建物の完全な修復を開始しました。現在の先史博物館は、ラ・ベネフィセンシア文化センターの1階と5つの中庭の周りに配置された2階で構成されています。1階には、店舗、カフェテリア、2つの一時展示室、教訓的なワークショップ、復元と第四紀動物の倉庫と研究所、先史研究サービスのオフィスがあり、教会は会議ホールになります。展示ルームでは、1階に、旧石器時代、新石器時代、青銅器時代に特化した図書室と常設室があり、2階には、イベリア文化と世界に向けられた常設の部屋があります。
利用情報
●博物館の営業時間:月曜日を除く毎日午前10時から午後8時まで、土曜日、日曜日、祝日は無料で入場できます
●一般入場料:2ユーロ。割引料金(退職者、学生、大家族…):1ユーロ; 7歳未満の子供、障害者、学校グループ、失業者、および特定の文化団体のメンバーは無料で入場できます。
●5月18日(国際博物館の日)入場無料。
●博物館の教育活動は火曜日から金曜日の午前10時から午後2時まで開催されます。火曜日と木曜日の午後4時から午後6時まで。
●SIPライブラリは、火曜日と木曜日の8.30から18.30まで、月曜日、水曜日と金曜日の8.30から14.30まで開いています。
バレンシア先史博物館・wikipedia-photo、「モーゲンテの戦士(Guerrero de Mogente)、バレンシアの先史博物館に収容されているイベリアの作品。」・wikipedia-photo、「アポロ・デ・ピネド(Apolo de Pinedo)は、ローマ時代の彫刻で、バレンシアの先史時代の博物館に保存しています。・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、バレンシア先史博物館に関するマルチメディアカテゴリがあります。]

バレンシア先史時代博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がバレンシア先史博物館です。

カメラ北東方向がバレンシア先史博物館エントランスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*