国立陶器博物館

マーカーは国立陶器博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「国立陶器博物館

国立陶器博物館 (Museo Nacional de Cerámica y Artes Suntuarias González Martí)
[ゴンサーレス・マルティ国立陶器・装飾芸術博物館(スペイン語: Museo Nacional de Cerámica y de las Artes Suntuarias González Martí)は、スペインバレンシアにある国立博物館。バレンシア地方を中心とする陶磁器、染織・伝統衣装・家具などの装飾芸術を専門としている。
ドス・アグアス侯爵宮殿(Palace of the Marqués de Dos Aguas)の建物内にある。マヌエル・ゴンサーレス・マルティ(Manuel González Martí)の陶磁器コレクションの寄贈を受けて、1947年に設立された。7年後には修復作業が完了し、1954年6月18日に開館した。
建物
オリジナルのドス・アグアス侯爵宮殿はゴシック様式の建築物であるが、18世紀中頃には完全にバロック様式に作り替えられた。そのファサードはイポリート・ロビラ(Hipólito Rovira)が設計し、バレンシア人彫刻家のイグナシオ・ベルガラ(Ignacio Vergara)が製作した。その後の改修の結果、今日では主にロココ様式新古典主義様式やオリエンタル様式が組み合わされている。
1941年には重要文化財(BIC)の中のConjunto Histórico Artísticoに指定され、1949年には建物が国家によって買い上げられた。その後にはインフラ整備や博物館施設の改修など様々な取り組みがなされている。1990年から1998年には、建築家のヒネス・サンチェス・エビアによって最後の改修が行われた。
1階
1階の大部分は暫定的な展示場となっており、四輪馬車のある中庭や主階段などがある。
2階
2階にはドス・アグアス侯爵の私室があり、19世紀に活躍したプラシド・フランセス・イ・パスクアル、ホセ・フェリペ・パーラ、ホセ・ブレル・ギラルトなどの芸術家による漆喰壁画や天井画などが飾られている。大理石でできた床にはドス・アグアス侯爵(Marquis de Dos Aguas)の頭文字である「MD」という文字が浮かび上がっている。私室のほかに舞踏場、赤壁の部屋、東居間などがあり、独創的な家具が備えられている。すべての部屋には、当時の様式を反映した芸術品、ランプ、時計、花瓶などが飾られている。
3階
3階はいくつかの部屋に分かれており、フロア全体で陶磁器コレクションの展示が行われている。マヌエル・ゴンサーレス・マルティ自身によって設計された、バレンシア地方の典型的な台所を再現した部屋があり、18世紀と19世紀のモザイクフリーズ、装飾板などで彩られているほか、現代の陶磁器壺や銅製品で保管されている。
その他の展示物
四輪馬車の中庭には、1753年にイポリト・ロビラとイグナシオ・ベルガラが設計した「ニンフの四輪馬車」が展示されている。これは帝政様式の四輪馬車であり、リャネーラ侯爵が所有していた。18世紀に製作されたロココ様式の椅子かごも展示されている。
博物館が入居するドス・アグアス侯爵宮殿・wikipedia-photo、ニンフの四輪馬車・wikipedia-photo、2階にある赤壁の部屋・wikipedia-photo、水差し(11世紀)・wikipedia-photo、中世の給水栓(13世紀)・wikipedia-photo、マニゼス産のバレンシア王国紋章付皿(15世紀)・wikipedia-photo、マニゼス産のラスター彩獅子文皿(15-16世紀)・wikipedia-photo、トリニダ修道院の円形彫刻(16世紀)・wikipedia-photo、バレンシア地方の家庭の台所・wikipedia-photo、台所の壁に描かれた聖フスタと聖ルフィーナ(18世紀)・wikipedia-photo  (wikipedia・ゴンサーレス・マルティ国立陶器・装飾芸術博物館)]

[博物館の建物はドス・アグアス候爵の館だったもので正面入口のロココ調の彫刻が目立ちます。
ここではバレンシアの3大陶器、パテルナマニセス、アルコラを十分に鑑賞できますが、13~15世紀のパテルナとマニセスの陶器はとくに珍らしいものです。スペイン国内では、ほかにタラベラセビーヤトレドのものが、外国産では19世紀マイセンと中国、日本のもあり、かわった展示品ではピカソのやきもの4点が彩りを添えています。19世紀頃のバレンシアの典型的な台所の復元には絵タイルが非常に効果的に使われていて興味をそそります。  (「Valenciaの国立陶器博物館: スペインの美術館 |スペイン向け …」より)]

ゴンサーレス・マルティ国立陶器・装飾芸術博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が国立陶器博物館です。

国立陶器博物館・ドス・アグアス候爵の宮殿の扉のカメラです。

中庭のカメラです。

2階にある赤壁の部屋

舞踏室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*