アトーチャ駅

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    アトーチャ駅
    [アトーチャ駅( Estación de Atocha )は、スペインマドリード中心部南(アルガンスエラ区 distrito de Arganzuela )にある、レンフェ(スペイン国鉄)の運営する鉄道駅。マドリード最大の鉄道駅である。マドリードとセビリアリェイダを結ぶ高速鉄道( AVE )、およびカスティーリャ=ラ・マンチャ州エストレマドゥーラ州を経由してポルトガルリスボンにいたる長距離路線の起点であり、マドリード都市圏を結ぶ近郊路線のターミナル駅でもある。マドリード地下鉄の2駅( Atocha 、Atocha Renfe )とも接続している。
    高速鉄道 AVE 開業以来、AVE の駅はマドリード・プエルタ・デ・アトーチャ駅(西: Estación de Madrid-Puerta de Atocha )、それ以外のレンフェ各線の駅はマドリード・アトーチャ・セルカニアス駅(西: Estación de Madrid-Atocha Cercanías )として分離されている。
    1992 年まで使用されていた旧駅舎は、 19 世紀 ~ 20 世紀初頭のヨーロッパで建設された鉄道駅(大都市のターミナル駅)建築の典型例であり、様式的にも優れたものがある。現在旧駅舎は外観を保存しつつ、内部は乗客サービス・商業施設・カフェテラス・待合室等に利用されて新駅舎の一部に組み込まれている。なかでも待合室・カフェテラスとして利用されているかつてのプラットホーム部分は、鉄とガラスを用いた天井の高い空間を、旧駅舎と同時期にヨーロッパ各地に建てられた「植物園」に見立てた演出がなされ、この駅を利用する旅行者に強い印象を与えている。
    旧駅舎正面・wikipedia-photo、アトーチャ駅のプラットホーム・wikipedia-photo、「『植物園」風の演出が施されたアトーチャ駅の待合室・カフェテラス(旧駅舎プラットホームの改造)」・wikipedia-photo  (wikipdia・アトーチャ駅より)]

    [アトーチャ駅は、2 つの駅から構成されている。近郊線が発着するアトーチャ・セルカニアス駅( Atocha Cercanias )と AVE やアルビアなど長距離列車が発着するプエルタ・デ・アトーチャ駅である( Puerta de Atocha )。
    プエルタ・デ・アトーチャ駅は、1992 年の AVE の開通に伴い新設された、比較的新しい駅である。それまで使用していたホーム等は、現在、熱帯植物が生い茂る植物園として生まれ変わっている。駅の構内に熱帯植物園があるのは、おそらくアトーチャ駅ぐらいであろう。この植物園を囲むようにチケット売り場、鉄道のインフォメーション、コインロッカーの入口、カフェなど主要施設がある。このプエルタ・デ・アトーチャ駅は 8 本のホームに 1 ~ 15 番線がある。このホームに行くには、2 階の出発ロビーから入ることになるのだが、ここに入るためには、あらかじめ手荷物の X 線検査が義務づけられている。またチケットを持参していないと立ち入ることもできない。ちなみにこの出発ロビーには、インフォメーションやショップ等がある。  (「[マドリッド~トレド] 世界遺産都市へAVEの旅(1) – 地球の歩き方」より)]

    [マドリッド・アトーチャ駅は、スペイン・マドリッド市最大の駅です。アトーチャ地区の王立植物園のすぐ側にあって、ちょうどエンペラドール・カルロス 5 世広場に面しています。駅構内には熱帯植物が植えられるなど自然を感じられるつくりとなっています。また同駅は、地下鉄アトーチャ駅とアトーチャ・レンフェ駅と接続しています。
    マドリッド・アトーチャ駅には、スペイン南部から通勤列車やインターシティ、在来線などが乗り入れています。また高速列車AVEはマドリッド・アトーチャ駅とバルセロナサラゴサ、セビリア、ヴァレンシアを結びます。これら列車はいずれもスペイン鉄道( RENFE )により運行されています。さらに同駅は、高速列車 AVE のほか、スペイン各都市を結ぶ列車インターシティのハブ駅としても機能しています。主要路線はマドリッド~ヴァレンシア、マドリッド~バルセロナ、マドリッド~セビリアなどです。
    また、マドリッド・アトーチャ駅には、観光案内所、トイレ、公衆電話、レストラン、手荷物預かり所などの施設を備えます。マドリッド・バラハス空港とアトーチャ駅はバスで結ばれています。
    駅に乗り入れている列車のタイプ:
    高速列車( AVE )、在来線、長距離列車( RENFE )、インターシティ
    駅構内サービス:
    観光案内所、遺失物取扱所、警察、レストラン、トイレ、手荷物預かり所、Wi-Fi によるインターネット接続、ATM 、公衆電話。
    交通機関と接続
    ローカル列車&地下鉄: 地下鉄8号線が乗り入れています。
    バス: バス路線 351、352、353 番をご利用いただけます。
    タクシー: 駅の外にタクシー乗り場があります。
    空港: バス路線 200 番がマドリッド・バラハス空港と市街地を結びます。また、エクスプレスバスがバラハス空港とマドリッド・アトーチャ駅を結んでいます。  (「マドリッド・アトーチャ駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

    駅構内図

    アトーチャ駅 (地下鉄) クチコミガイド【フォートラベル】|Atocha …」「アトーチャセルカニアス駅 クチコミ一覧【フォートラベル】|Atocha …

    Madrid-Puerta de Atocha – Google Map 画像リンク

    カメラ東南東方向が旧アトーチャ駅舎です。

    カメラ西南西方向がプエルタ・デ・アトーチャ駅( Puerta de Atocha )で、通路右の駅正面玄関を入ると旧アトーチャ駅の 2 階(日本式では 3 階)に入ります。出発ロビーは 1 階(日本式では 2 階)になります。

    旧駅舎内のストリートビューです。

    チケットオフイス前のストリートビューです。

    旧駅舎内南端のストリートビューで、カメラ方向右にスペイン国鉄のサービスカウンターがあり、ここから2 階の出発ロビーには旧駅舎内両サイドにあるスロープエスカレータ、エレベーターを利用します。

    2 階の出発ゲート前のカメラです。

    アトーチャ駅プラットホームのカメラです。

    近郊線が発着するアトーチャ・セルカニアス駅( Atocha Cercanias )口のカメラです。

    アトーチャ・セルカニアス駅( Atocha Cercanias )口のストリートビューです。

    アトーチャ・セルカニアス駅出発ゲート前のストリートビューで、右方向にチケットオフィスがあります。

    アトーチャ・セルカニアス駅プラットホーム連絡歩廊橋のストリートビューです。

    アトーチャ・セルカニアス駅プラットホームのストリートビューです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *