サンタ・バーバラ教会

マーカーはサンタ・バーバラ教会です。

サンタ・バーバラ教会
[サレサス・レアレス修道院は、スペインマドリード中心部にある18世紀の建築様式の建物です。修道院の教会(サンタ・バーバラ教会)は現在教区教会で、修道院部分はスペインの最高裁判所となっている。
サレサス・レアレス修道院は、若い貴族の女性のための学校や修道院として、フェルナンド6世_(スペイン王)の妻であったポルトガルの女王バルバラ・デ・ブラガンサによって1748年に設立されました。修道院は建築家フランシスコ・カルリエの設計で、1743年に建設開始され、当初計画はフランシスコ・モラディージョによって修正され、1750年に完成しました。「革命の六年間」の中で教会と修道院は、還俗された。教会は宗教的な役割を続けたが、1870年、修道院は政府によって没収され、建物はパラス・デ・ジャスティス(正義の宮殿)となった。20世紀間に、宮殿·修道院は2度の火災に会い、Joaquín Rojiによって修復を受け、教会入り口にある階段は、新たなバルバラ・デ・ブラガンサ通りが開設されて、1930年に完成しました。治安裁判所の本部が1963年から1977年まで修道院にあった。現在の建物はまた、各フロアには壁柱や鴨居などの装飾的な要素にあふれた、バランスのとれた厳格なデザインのネオクラシックの様式を守りながら、オリジナルの18世紀のデザインに比べて、ひかえめな外装となっている。教会の内部にはフェルナンド6世王とバルバラ・デ・ブラガンサ王妃の埋葬所がある。
「サンタ・バーバラ教会」・wikipedia-photo]

Parish of Santa Bárbara – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がサンタ・バーバラ教会です。

カメラ北方向がサンタ・バーバラ教会です。

サンタ・バーバラ教会身廊のカメラです。

サンタ・バーバラ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*