ルハーネスの家と塔

マーカーはルハーネスの家と塔です。

ルハーネスの家と塔
[ゴシックムデハル様式の塔と邸宅からなる。15世紀に建てられたアラゴン人豪商ルハーネスの家で、市内最古の建物の一つである。言い伝えでは、パヴィアの戦い(1525年)で捕虜となったフランス王フランソワ1世(在位:1515年 – 1547年)が、塔に住まわされていたとされる。
ルハーネスの塔・wikipedia-photo  (wikipedia・ビリャ広場より)]

Casa y Torre de los Lujanes – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がルハーネスの家と塔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*