ロぺ・デ・ベガ美術館

マーカーはロぺ・デ・ベガ美術館です。

ロぺ・デ・ベガ美術館
[スペインの劇作家、詩人であるロぺ・デ・ベガが1610年から亡くなる1635年までの25年間住んでいた家がそのまま美術館となった。室内は改築されたものの、元のままの配置で残されている。  (「esMADRID.com – マドリード美術館・博物館 一覧」より)]

ロペ・デ・ベガ
[マドリードで生まれたベガは、子供のころからその類まれな才能の片鱗を見せ始めた。父はフェリクス・デ・ベガ・カルピオという刺繍職人、母の名はフランシスカ・フェルナンデス・フロレスといい、5人兄弟の3番目であった。5歳の時にはスペイン語ラテン語を読み、12歳で4幕の戯曲を書いたという。マドリードのイエズス会の学院に学び、イエズス会劇に影響を受けた。アルカラ・デ・エナーレス大学に進学するも、1582年まで学んでいるが修了していない。現存する最初の戯曲『ガルシラソの偉業』は1579年に書かれている。
1583年、20歳になったばかりのロペは、女優ですでに人妻であったエレナ・オソリナと恋に落ちる。彼女は、当時ロペが台本を書いていた劇団の座長の娘であった。ロペは、恋の対象を作品中に登場させるのを常とし、彼女はフィリスという名でロマンセの中に現れ、晩年の『ラ・ドロアテ』では、主人公ドロアテとして、若き日の美貌を伝えている。17世紀に入る頃にはスペイン最高の劇作家として認知され、その作品は王家や貴族から庶民に至るまで、広く愛された。  (wikipedia・ロペ・デ・ベガより)]

ロペ・デ・ベガ邸宅博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がロぺ・デ・ベガ美術館です。

ロぺ・デ・ベガ美術館インフォメーション前のストリートビューです。

ロぺ・デ・ベガ美術館庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*