ロマン派美術館

マーカーはロマン派美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ロマン派美術館

ロマン派美術館 (Museo Nacional del Romanticismo)
[ロマン主義博物館(スペイン語: Museo del Romanticismo)は、スペインマドリードにある国立博物館。ロマン派博物館とも。
ロマン主義博物館が入っている建物は、18世紀末の新古典主義建築の宮殿が19世紀に改築されたものである。ベガ・インクラン侯爵など個人収集家の寄贈品を元にして、1924年にロマン主義博物館(Museo Romántico)として開館。フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)、フェデリコ・デ・マドラソ(Federico de Madrazo y Kuntz)(1815-1894)、アントニオ・マリーア・エスキベル(Antonio María Esquivel)(Ⅰ806-1857)などの19世紀スペイン絵画のコレクション、フェルナンド・ビジャミル(Fernando Villaamil)(1845-1898)による風景画、レオナルド・アレンサ(Leonardo Alenza)(1807-1845)による『Los románticos o Suicida』、ローマ主義画家バレリアーノ・ベクケル(Valeriano Bécquer)(1833-1870)によるいくつかの絵画などを有している。ロマン主義の家具としては、アントニオ・ガビエ大臣のマホガニーの椅子、イサベル2世のピアノなどがある。
1962年にはこの建築物が重要文化財に指定された。2009年にはMuseo del Romanticismoと名称をわずかに変更して再スタートを切った。博物館の展示品にはロマン主義作家のマリアーノ・ホセ・デ・ラーラ(Mariano José de Larra)に関する品物がある。
マドリード地下鉄1号線または10号線のトリブナル駅から徒歩5分。
ロマン派美術館外観・wikiprdia-photo、内部・wikiprdia-photowikiprdia-photowikiprdia-photowikiprdia-photo  (wikipedia・ロマン主義博物館_(マドリード)より)]

国立ロマンチシズム美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がロマン派美術館です。

ロマン派美術館展示ルームのカメラで、初期設定方向はフェデリコ・デ・マドラソ作『María Encarnación Cueto de Saavedra, Duchess of Rivas』(1878年)です。

イサベル2世と配偶者(王配)のフランシスコ・デ・アッシジの騎馬像

カルロス・ド・ヘス(Carlos de Haes)作『エジプトの風景(Egyptian Landscape)』(1883年)

カメラ初期設定方向中央、アントニオ・マリーア・エスキベル作『息子のカルロスとビセンテとの自画像(Self-portrait with his sons Carlos and Vicente)』(1843年)

アントニオ・マリーア・エスキベル作『牡羊と遊ぶ子供達(Children playing with a ram)』(1843年)

Luis Ferrant y Llausás作『Alejandro and Luis Ferrant y Fischermans, the Painter’s Nephews』(1851年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*