国立装飾アート博物館

マーカーは国立装飾アート博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「国立装飾アート博物館

国立装飾アート博物館(Museo Nacional de Artes Decorativas)
[美術館通り(Paseo del Arte)とレティーロ(Retiro)公園の間に位置する1912年創設の国立装飾アート博物館は、ロンドンのサウス・ケンジントン博物館(現在のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館)やパリ装飾芸術美術館など同じタイプの施設創設の際と同様の構想に従い、職人、製造業者、芸術家、工芸技術専門家の学びの場となることを目的としていました。
現在ではどちらかと言えば、調査を主眼としています。大半を占めるのはスペイン国内の作品ですが、外国からの貴重なコレクションも多数あり、芸術的な関係と何世紀にもわたる日用品と高級品の輸入を示しています。
特に重要なのが東洋芸術コレクションで、その核をなすのはカルロス3世(Carlos III・在位:1735年 – 1759年)が自然史研究室(Gabinete de Historia Natural)向けに収集した作品群です。数が最も多いのは西洋の装飾芸術で、陶磁器、ガラス製品、家具、繊維製品、金銀・金属細工、象牙製品、なめし革・型押し革製品、キリスト降誕の人形飾り、紙を素材とした作品、絵画や彫刻が含まれています。  (「国立装飾アート博物館(Museo Nacional de Artes Decorativas)」より)]

国立装飾美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が国立装飾アート博物館です。

国立装飾アート博物館展示室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*