王宮(マドリード)

マーカーは王宮(マドリード)です。

王宮
[1931年のスペイン革命によってスペイン・ブルボン朝に代わりスペイン第二共和政が成立するまで、王宮として使用されていた建物であり、プラド美術館と並んで人気のある観光スポット。入り口そばの大階段を登って2階の見学コースに入ると、かつて王の居間や書斎、あるいは寝室だった大小さまざまな部屋が次々と目の前に現れてくる。一つ一つの部屋の、その贅の限りを尽くしたような装飾や調度品には見ていて思わず溜息が漏れてくるほど。何気なく架けてある絵がゴヤの作品だったり、また世界に数えるほどしかないストラディバリの楽器がいくつも無造作に展示されていたりして、当時のスペイン王朝の権力と財力がどれほどのものだったかうかがい知れる。部屋に何気なく置かれているものが実はとても貴重な文物や有名な画家による作品だったりするので、日本語のガイドブックや有料で貸してもらえる英語の音声ガイド、あるいはそれぞれの展示室にある英語の説明などを参照しながら見学コースをまわるとよい。そのようにすれば重要な展示物を見落とさずに済む。(「マドリード – Wikitravel」より]
[マドリード王宮 (Palacio Real de Madrid)は、スペインマドリードにある宮殿。オリエンテ宮(Palacio de Oriente)とも呼ばれる、スペイン王の王宮である。実際にはフアン・カルロス1世_(スペイン王)と王族は住んでおらず、彼らは郊外にあるマドリードより小さなサルスエラ宮殿に好んで暮らす。しかし、マドリード王宮は未だ国の行事に使用されている。宮殿はスペイン政府の所有で、外局パトリモニオ・ナシオナルが管理している王宮は、マドリードのダウンタウン西部バイレン通りにある。東はマンサナレス川で、マドリード地下鉄オペラ駅が最寄りである。宮殿は、公的行事で使用される時を除き、一般公開されている。
現在宮殿のある場所は、10世紀から『マイリット』(mayrit)と呼ばれる要塞が立っていた。マイリットはコルドバ太守モハンマド1世の辺境地として建設され、1036年のムーア人トレド王国独立後はムーア人に継承された。1085年、マドリードがカスティーリャ王アルフォンソ6世によって陥落すると、非常に希に大邸宅はカスティーリャ王に使用された。1329年、アルフォンソ11世_(カスティーリャ王)は初めてマドリードにコルテスを招集した。フェリペ2世_(スペイン王)は1561年に宮廷をマドリードに移した。古いアルカサル(Antiguo Alcázar)は、この場所に16世紀に建てられた。アルカサルは、1734年12月24日全焼した。フェリペ5世_(スペイン王)は同じ場所に新たな宮殿の建設を命じた。建設は1738年から1755年にかけ行われ、フィリッポ・ユヴァーラとジョヴァンニ・バッティスタ・サンチェッティによってベルニーニ風に建てられた。協力したのはベントゥラ・ロドリゲス、フランチェスコ・サバティーニ、スシメントである。1764年に新たな宮殿を占有したのは、カルロス3世_(スペイン王)であった。
アストゥリアス公フェリペと民間出身の妃レティシア・オルティスの結婚披露宴は、2004年5月22日、宮殿の中央にある庭で行われた。
マドリード王宮・wikipedia-photo、庭園から見た王宮・wikipedia-photo、王座の間・wikipedia-photo、王立武具博物館・wikipedia-photo  (wikipedia・王宮_(マドリード)より)]

王宮 – Google Map 画像リンク」、「アルメリア広場 – Google Map 画像リンク」、「Galería de Pinturas del Palacio Real – Google Map 画像リンク」、「Royal Armoury of Madrid – Google Map 画像リンク

王宮(マドリード)宮殿前のカメラです。

王宮(マドリード)宮殿前庭前のカメラです。

カメラ位置は、王宮(マドリード)宮殿前庭です。

王宮(マドリード)宮殿階段室のカメラです。

王宮(マドリード)宮殿の一室

マドリード王立武器庫博物館のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*