カレル橋

マーカーはカレル橋です。

カレル橋
[カレル橋(チェコ語:Karlův most, 英語:Charles Bridge)はチェコ共和国の首都、プラハを流れるヴルタヴァ川(モルダウ)に架かっている橋である。ヨーロッパに現存する最古の石橋。カール4世_(神聖ローマ皇帝)(モラヴィア辺境伯・在位:1334年 – 1349年、ボヘミア王カレル1世・在位:1346年 – 1378年、神聖ローマ皇帝・在位:1355年 – 1378年)の治世下1357年に建設が始まり1400年に完成した。1841年までプラハ旧市街とその周囲をつなぐ唯一の橋であった。また、西欧と東欧の交易ルートとしてプラハが重要な地位を占めるようになった。最初は単に石橋、プラハ橋と呼ばれていたが1870年よりカレル橋と呼ばれるようになった。橋の長さは516mで幅は10m。16連のアーチから構成されている。また橋を守るために3つの塔が建てられておりとくに旧市街側の塔はゴシック建築の塔して名高い。橋の欄干には15体ずつ、合計30体の彫刻が並んでいる。その多くはバロック様式である。カトリックの聖人ヤン・ネポムツキー像の基部にあるネポムツキーのレリーフに触れると幸運が訪れるといわれ多くの人に触られたためつるつるになっている。
カレル橋・wikipedia-photo  (wikipedia・カレル橋より)]

Charles Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ位置は旧市街橋搭上で、カメラ西方向がカレル橋です。

カメラ位置はカレル橋の中央付近です。

カメラ東南東方向がカレル橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*