聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂

マーカーは聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂です。

聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂
[チェコ共和国プラハにある聖ツィリルメトデイ正教大聖堂(チェコ語: Pravoslavný chrám svatých Cyrila a Metoděje)は、チェコ・スロバキア正教会の主要な教会。現存する聖堂は1730年から1736年にかけてKilian Ignaz DientzenhoferによってSaint Charles Borromeo(17世紀のミラノ大主教枢機卿)に捧げられたローマ・カトリック教会聖堂が基になっている。聖ツィリル(キュリロス)聖メトジェイ(メトディオス)を記憶している。
1942年、第二次世界大戦中に大聖堂は、ナチス親衛隊大将であり警察大将であったラインハルト・ハイドリヒの暗殺するエンスラポイド作戦を決行した、チェコとスロヴァキアの愛国者達の最後の舞台となった。激しい銃撃戦の後、彼らは捕まる事を避けて自決した[1][2]。現在、教会内に国家的英雄とされる彼らのために設けられた博物館がある。Karl Fischer von Treuenfeld親衛隊中将)が、1942年6月18日に教会を襲撃した兵士たちの指揮に当たっていた。
「聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂」・wikipedia-photo、「内観、イコノスタシス」・wikipedia-photo、奉神礼時の光景・wikipedia-photo、天井部・wikipedia-photo、「ラインハルト・ハイドリヒ暗殺の実行者達が立てこもった地下室の窓と、その上に設けられた実行者達を記念する銘板。窓の周りに銃撃の跡が残っている。」・wikipedia-photo  (wikipedia・聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂より)]

聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂 – Google Map 画像リンク」、「ハイドリヒ暗殺の英雄国立記念館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂です。

聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂内のカメラです。

ハイドリヒ暗殺の英雄国立記念館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*