エッシャー美術館

マーカーはエッシャー美術館です。

エッシャー美術館
[オランダが生んだグラフィック・アーティスト、マウリッツ・エッシャー(1898-1972)のミュージアムである。格調ある建物は、かつて王室が所有していたランへ・フォールハウト宮殿であり、ミュージアム名も< Escher in The Palace >となっている。 展示は、『昼と夜』『滝』『空と水』『描く手』など世界的に有名なだまし絵の作品のほか、イタリアスペインを旅して描いた風景画など彼の初期の作品も展示されている。彼自らの手で繊細に彫りあげられた版木の展示も興味深い。1、2階の各部屋の天井から吊るされたシャンデリアは、オランダのアーティスト、ハンス・ファンベンテムのデザインであり、エッシャーの作品の持つ世界観をより印象的に演出している。  (「デン・ハーグ/エッシャー美術館|アートに出合う旅|オランダアートを …」より)]

[マウリッツ・コルネリス・エッシャーは、1898年から1972年を生きたグラフィック・アーティストです。実際には不可能な設定や、目の錯覚を生み出す素描の巨匠でした。「エッシャー美術館」(エッシャー・イン・ヘット・パライス)はデン・ハーグの中心部にあるかつての宮殿で、エッシャーの作品はここに常設展示されています。
下から上へ流れる水、永遠に終わらない階段、机の上に置かれたものの間を不思議な円を描いて這い回る爬虫類動物、描いている紙からエスケープしては戻っていくモチーフ、紙から手が出てきて自分の手を描く不思議な絵。人想像することも、そして描くこともできない光景、それが「エッシャー美術館」(エッシャー・イン・ヘット・パライス)に広がっています。
エッシャーの素描は、人々を混乱させ、そして楽しませます。マルチメディアの階では、そんな不思議な世界を解き明かし、自分でも目の錯覚を作り出せるようになっています。数ユーロの入場料で、不思議で楽しいひとときを過ごせるのが、「エッシャー美術館」です。  (「オランダ政府観光局 – グラフィック・アーティスト、エッシャー」より)]

エッシャー・イン・ヘット・パレイス – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がエッシャー美術館です。

エッシャー美術館エントランスのストリートビューです。(売店までです。)

エッシャー美術館展示室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*