デルフトの眺望

マーカーはカメラ位置です。

デルフトの眺望
[ヨハネス・フェルメールの2点しか現存しない風景画のうちの1つ(もう1点は『小路』)。運河と市壁に囲まれた都市デルフトを市の南端にあるスヒー川の対岸から眺めた図。中央にスヒーダム門、右にロッテルダム門が描かれ、スヒーダム門の時計から、時間が朝の7時過ぎであることがわかる。2つの門の間からは新教会の塔がひときわ明るく照らされているのが見える。マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』に言及されていることで著名な作品である。『失われた時を求めて』で重要なモチーフになっている「黄色い壁」はロッテルダム門の左に見えるが、実際は「壁」ではなく屋根であると思われる。
デルフトの眺望(フェルメール)・wikipedia-photo  (wikipedia・フェルメールの作品デルフトの眺望」より)]

カメラ位置は『デルフトの眺望』が描かれた付近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*