デルフトの骨董市

マーカーはHippolytusbuurtです。

デルフトの骨董市
[もう何年もの間、週に1度開かれる美術骨董品市には美しい街を満喫し、お買得品を探す日帰り観光客が訪れます。ここでは、ろうそく立て、年代ものの陶器、あるいはずっと探して求めていた無名の画家による作品などを見つけます。ここの店の1つでヨハネス・フェルメールのまだ知られていない作品が見つかるかもしれません。
骨董・古物市は、4月から10月までの間、木曜日と土曜日に開催されています。木曜日には、Hippolytusbuurtと呼ばれる通りの運河沿いで開かれます。土曜日の市の規模は大きく、書籍市も立ちます。  (「オランダ政府観光局 – デルフトの市」より)]

Hippolytusbuurt – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*