デルフト東門

マーカーはデルフト東門です。

デルフト東門
[東門はデルフトに残る唯一の門で,14世紀に作られました。1514年には塔とそれを覆うとんがり屋根が作られています。昔はこの門は人が歩ける道を持つ城壁の一部であり,水門ともつながっていました。1962年から64年にかけて修復され,現在はアート・ギャラリーとして利用されています。
 デルフトの門で思い出すのは,ヨハネス・フェルメールの描いた秀作「デルフトの眺望」に描かれた姿ですが,あの絵に描かれたスヒーダム門やロッテルダム門は現存しません。しかし,反対岸から眺める東門は,まるで今あの名作の風景が眼前に現れたように思いにさせてくれます。
 この時は厚い雲が空一杯にあり,小雨がぱらついていましたが,天候が変わり厚い雲が流れ,太陽が覗いてきたならば,もしかしたら「デルフトの眺望」を再現したような風景に出会えたかもしれません。  (「2006冬 オランダの旅1(デルフト編) – 旅行のクチコミサイト フォートラベル」より)]

[オランダのデルフトの東門は、1400年頃に建てられた北ヨーロッパのブリックゴシック(Brick Gothic)建築の例です。1510年頃、塔はさらに八角形の床と高い尖塔で強化されました。これは、デルフトに残っている唯一の都市門です。 その他は19世紀に取り壊されました。 現在、アートギャラリーと個人の住居として機能しています。
跳ね橋と東門・wikipedia-photo]

Eastern Gate – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がデルフト東門です。

カメラ北北西方向がデルフト東門です。

カメラ東方向が東門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*