デ・プラーツ

マーカーはデ・プラーツです。

デ・プラーツ
[「デ・プラーツ」はデン・ハーグの小規模な広場のひとつで、「ホフファイバー」(Hofvijver)という池の対岸にあります。現在は、レストラン、カフェ、ショップが並びますが、中世の牢屋(ハーグ監獄博物館)が隣にある為、かつては数々の歴史的な出来事がこの広場で繰り広げられました。   (「デン・ハーグの広場」より)]

ヨハン・デ・ヴィット像 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がデ・プラーツで、正面の銅像はヨハン・デ・ウィットです。

ヨハン・デ・ウィット
[ヨハン(またはヤン)・デ・ウィット(Johan(Jan) de Witt, 1625年9月24日 – 1672年8月20日)は、オランダ共和国(ネーデルラント連邦共和国)の政治指導者で、ホラント州の法律顧問(raadspensionaris:1653年 – 1672年)。英蘭戦争で共和国を率いたが、兄のコルネリス・デ・ウィットと共に民衆に虐殺された。
第三次英蘭戦争では、1672年3月にイングランドがオランダに宣戦布告し、続いてフランス王国も4月6日に宣戦を布告した(オランダ侵略戦争)。このため、オランダは海と陸から攻撃を受けるという国家的危機に瀕した。
英蘭戦争と海上封鎖で経済が疲弊し、民衆はデ・ウィット政権に不満を抱くと共に、この国家的危機を乗り切るために当時22歳のオラニエ公ウィレム3世を支持した。7月24日に兄のコルネリスが逮捕され、ハーグのヘバンゲンポールト(現ハーグ監獄博物館)に収監された。ヨハン・デ・ウィットは、拷問を受けて衰弱し追放処分を受けることとなったコルネリスの求めに応じて、ヘバンゲンポールトを訪れた。デ・ウィット兄弟がいることを知ってヘバンゲンポールトを取り囲んだ群衆はヘバンゲンポールトに乱入し、兄弟を引きずり出して虐殺した(この虐殺に対してスピノザが激怒したことが知られる。また、アレクサンドル・デュマ・ペールの『黒いチューリップ』でも題材になった)。  (wikipedia・ヨハン・デ・ウィットより)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*