ハーグ市役所

マーカーはハーグ市役所です。

ハーグ市役所
[ハーグ市役所は、草の生い茂る広いアトリウムがある、印象的な白亜の建物です。アメリカ人建築家のリチャード・マイヤーが設計し、90年代中ばに完成しました。白色であることから、やがてハーグ市民によって氷の宮殿と名付けられました。アトリウムでは年間を通じて、さまざまなイベントや展示会が開かれ、無料で見ることができます。ハーグ市役所には、公共図書館と同市の公文書館もあります。
ハーグ市役所は、荘厳なライン、ガラス屋根、白色といった特徴があります。アトリウムと差し込んでくる光は、建物の空間的広がりを感じさせます。建築家のマイヤーにとって、透明性、鮮明性、完璧さは、設計の重要な要素を占めており、その一方で人々によって色彩が添えられるのです。
ハーグ市役所には、毎日8000名の人たちが訪れています。用事で市役所に来た人たちの他、アトリウム、建築、イベント、展示会を見に来た人たちもいます。
市役所は、ルーセント・ダンスシアター、新教会、プレインとスパイのショッピングエリアに囲まれています。氷の宮殿は、文化、歴史、レストラン&ホテル、お店に囲まれています。日曜日でなければ、いつでも市役所を訪問できます。  (「オランダ政府観光局 – ハーグ市役所」より)]

ハーグ市役所 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がハーグ市役所エントランスです。

ハーグ市役所アトリウムのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*