フェルメールセンター

マーカーはフェルメールセンターです。

フェルメールセンター
[ヨハネス・フェルメールは、最もよく知られたオランダの画家のひとりです。1632年に生まれ1675年に亡くなるまで、デルフトでその生涯を過ごしました。一生の間にたった37点の絵しか残さなかった寡作の画家で、作品の中に独自の世界観を描き出しました。それぞれの絵が放つ完成度の高さは、見る人のこころを奪います。デルフトのフェルメールセンターでは、その人生に焦点を当てた展示を行っています。
フェルメールセンター では、ヨハネス・フェルメールが過ごした時代、彼の師匠や当時の町の様子、そしてその作品に秘められたメッセージなどを紐解いていきます。この17世紀の画家が、どのようにして「オランダの光」の巨匠と呼ばれるようになったかを知りましょう。
フェルメールセンターには、フェルメール全作品の実物大の複製が展示されています。「真珠の耳飾りの少女」、「牛乳を注ぐ女」、そして風景画の傑作と名高い「デルフトの眺望」などを描いたアトリエも再現されています。
フェルメールの時代を理解するなら、彼が生きたデルフトの町並みを実際に歩いてみるのがいちばんです。フェルメール・コンビチケットは、フェルメールセンター、プリンセンホフ博物館旧教会新教会の入場料のほか、フェルメールゆかりの地を徒歩で巡るマップがセットになった、便利なチケットです。  (「オランダ政府観光局 – デルフトとヨハネス・フェルメール」より)]

デルフト・フェルメール美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ北北西方向がフェルメールセンターです。

カメラ北方向がフェルメールセンターです。

フェルメールセンター内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*