プリンセンホフ

マーカーはプリンセンホフです。

プリンセンホフ
[デルフトは、オランダ王家であるオレンジ家の町です。オレンジ・ナッソー家とデルフトの町との密接な関係は、16世紀にその発端をさかのぼります。スペインとの80年戦争の間、ナッソー伯爵であるオレンジ公ウィリアム王子(オラニエ公ウィレム1世・1533-1584)は、家族や家臣とともに聖アガタ修道院に住んでいたことがあります。王子は、北方から自らの軍隊を率いて、南方のスペイン占領地まで攻め込みました。壁に囲まれたこのデルフトに、王子は安心感を持っていたようです。
1584年7月10日、このオランダ君主制の創始者は、聖アガタ修道院でバルタザール・ジェラールに暗殺されました。当時王家の墓がスペイン占領下のブレダにあったため、王子はデルフトの新教会に葬られました。それ以来、オレンジ家一族はニーウェ・ケルク(新教会)の地下にある埋葬室に眠ることになりました。
オレンジ公ウィリアム王子が暗殺された廊下は、かつては修道女たちの声が飛び交っていた場所でした。聖アガタ修道院は1400年に建設されました。ウィリアム王子の住居となるまでは、修道女たちが住んでいました。ウィリアム王子暗殺後、この修道院にはラテン語学者たちや軍隊などが住んでいた時期もありました。1962年にこの建物は博物館に改修されましたが、かつてのかの高名な住人にちなみ、「王子の宮廷」を意味する「プリンセンホフ」と名付けられました。壁の弾痕に目を奪われながらも、ウィリアム王子の闘いぶりやその他の敵国スペインを相手に80年戦争で活躍した人々の物語にも興味が湧くのではないでしょうか。この博物館には、デルフト栄光の黄金期より伝わる陶器、銀器、タペストリー、絵画など豊富なコレクションが展示されています。  (「オランダ政府観光局 – オレンジ家の町」より)]

プリンセンホフ市立博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がプリンセンホフの西門です。

カメラ北東方向がプリンセンホフ・エントランスです。

プリンセンホフ・ガーデンのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*