マドローダム

マーカーはマドローダムです。

マドローダム
[マドローダム(Madurodam)はオランダデン・ハーグスケベニンゲン地区に所在するミニチュアパーク。1952年7月2日開園。25分の1スケールでオランダの町並みが再現されている。名称の由来はジョージ・マドローで、ジョージ・マドローはナチス・ドイツのオランダ占領に対しレジスタンス として戦った。1945年ダッハウ強制収容所にて捕虜となり死亡。ベアトリクス王女が建設を決意した。これを元に作られたのが、おとぎの国のカナルボートで1955年ディズニーランドにオープンした。  (wikipedia・マドローダムより)]

[ミニチュアパーク・マドローダムは、アムステルダムおよびチューリップ畑から車でたった1時間の場所にあり、オランダが独特な国である理由を知ることができる究極の場所です。カナルハウス、チューリップ畑、チーズマーケット、風車、ピースパレス、デルタワーク…これらすべてがマドローダムにあります。
マドローダムでは、ミニチュアとその物語が生き生きとよみがえります。見て、知って、体験できることが盛りだくさん。改装されたマドローダムでは、マルチメディアを駆使して、ミニチュアの建物の背景にある物語とオランダの歴史を説明しています。さらに、新しいマドローダムはインタラクティブに楽しめるようになりました。東スヘルデの防潮堤を稼動させ、ロッテルダム港の貨物船にコンテナを積み、スキポール空港から飛行機で飛び立ち、花市場で入札することもできます。
マドローダムは、シティセンター、ウォーターワールド、そしてイノベーションアイランドという、3つのテーマエリアに分けられています。シティセンターでは、オランダの古い都市の美しい建物を見ることができます。ウォーターランドは「味方、そして敵としての水」の物語を語り、イノベーションアイランドは、世界のインスピレーションの源としてのオランダを紹介しています(建築、技術革新、スポーツ、エンターテイメント、デザイン)。  (「オランダ政府観光局 – オランダのミニチュア」より)]

マドローダム – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がマドローダムのエントランスです。

マドローダム内のカメラです。

マドローダム内の360citiesで、ミニチュアサイズの比較をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*