マルクト広場

マーカーはマルクト広場です。

マルクト広場
[この町の歴史は12世紀まで遡れる。1572年には、八十年戦争の主導者であったオラニエ公ウィレム1世(在位:1572年 – 1584年)がデルフトに居を構えた。デルフト旧市街のマルクト広場にある新教会には、ウィレム1世の子孫である現オランダ王室(オラニエ=ナッサウ家)の代々のメンバーも眠っている。  (wikipedia・デルフトより)]

デルフトの市
[デルフトの市は遠くからも人々が訪れます。地元の常連客が並んで買い物を楽しむと同時に、近隣の町からも何百人もの買い物客が訪れます。観光客は市に立ち並ぶ何百もの露店を覗いて歩き回ることを楽しみにしています。カラフルな花市、チーズやその他生鮮食品を売る商人、骨董品、書籍、小さなアクセサリーなどがあふれています。デルフトの市は、町の中心部で開かれ、観光の主なアトラクションとなっています。
木曜日はデルフトでは市の立つ日です。市庁舎とニーウェ・ケルク(Nieuwe Kerk―新教会)の間には、デルフト一般市の150店もの露店がごちゃごちゃと入り混じっています。その広場はよって必然的に「デ・マルクト」と呼ばれています。ここでは、チーズ、魚、野菜、パン、ナッツ、その他の食料品を買えます。生鮮食品だけではありません。衣類、自転車付属品、電子機器もあります。市の周辺には、パブやオープンエア型のテラスがあるので、足休みを兼ねてコーヒー1杯飲みにお立ち寄りください。
花市は一般市から歩いて5分のBrabantse Turfmarkにあります。毎週木曜日、このデルフトの中のすてきな一片は、多数の商人と何千もの花を描く色彩豊かな肖像画に変身します。土曜日にはその場所で50店舗ほどが並ぶ小規模な一般市が立ちます。
もう何年もの間、週に1度開かれる美術骨董品市には美しい街を満喫し、お買得品を探す日帰り観光客が訪れます。ここでは、ろうそく立て、年代ものの陶器、あるいはずっと探して求めていた無名の画家による作品などを見つけます。ここの店の1つでフェルメールのまだ知られていない作品が見つかるかもしれません。
骨董・古物市は、4月から10月までの間、木曜日と土曜日に開催されています。木曜日には、Hippolytusbuurtと呼ばれる通りの運河沿いで開かれます。土曜日の市の規模は大きく、書籍市も立ちます。市はVoldersgrachtおよびHippolytusbuurtとWijnhavenの運河沿いに広がっています。  (「オランダ政府観光局 – デルフトの市」より)]

マルクト広場 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はマルクト広場で、カメラ西南西方向がデルフト市庁舎で、カメラ東北東方向がデルフトの新教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*