ロイヤル・デルフト陶器工房

マーカーはロイヤル・デルフト陶器工房です。

ロイヤル・デルフト陶器工房
[1653年に創立されたロイヤル・デルフト陶器工房は、17世紀から続く唯一のデルフト・ブルー陶器工房です。世界的に有名なデルフト・ブルー陶器は、数世紀以来の伝統を守り、すべてが手描きです。
ロイヤル・デルフト体験時、過去、現在、そして未来と、何世紀にも及ぶ古陶器に接します。ロイヤル・デルフト体験は、心に残るロイヤル・デルフトの歴史物語から始まり、続いて生産についての説明が過程ごとに行われます。ヨハネス・フェルメールや王室など、その他のデルフト市の象徴に関する詳細情報も入手いただけます。
博物館や工房のツアーを通じて、素晴らしい手描きの実演、新旧陶器の完璧なコレクションを置いたショールーム訪問など、お楽しみいただけます。
アムステルダムのムントタワーでは、ロイヤル デルフト エクスペリエンスの分館を訪れることもできます。
ロイヤル・デルフトでは、団体ご一行様のご要望にお応えします。たとえば、博物館と工房のガイドツアー以外に、タイルや皿の手描き体験教室、あるいはハイティー(午後遅くまたは夕方早く取る軽い夕食)等を加えることができます。  (「オランダ政府観光局 – ロイヤルデルフト」より)]

デルフト陶器
[16世紀はじめにイタリアから陶器であるマヨリカの製法が伝わり、陶器の製造が行われていたが、17世紀、そこにオランダ東インド会社を通じて中国から磁器が伝わったことがきっかけとなり、当時日本から輸入されていた伊万里焼の影響をも受けつつ、独特の陶器が発展、生産が行われた。青を用いて彩色され、デルフトブルーと呼ばれている。生産規模自体は縮小したものの今日でもデルフト焼として知られる。  (wikipedia・デルフトより)]

[デルフト陶器(蘭: Delfts blauw)は、オランダのデルフトおよびその近辺で、16世紀から生産されている陶器。白色の釉薬を下地にして、スズ釉薬を用いて彩色、絵付けされる陶器で、日本ではデルフト焼とよばれることがある。
オランダでスズ釉薬で絵付けされた陶器を最初に制作したのは、アントウェルペンのグイド・ダ・サヴィーノで、1512年のことである。その後、絵付けされた陶器の制作が、オランダ南部からオランダ北部へと広まっていったのは1560年代のことだと考えられている。ミデルブルフハールレムでは1570年代、アムステルダムでは1580年代に、このような陶器の製造が始まった。しかしながら、優れた陶器の多くはデルフトで生産されており、ゴーダロッテルダムアムステルダムドルトレヒトなどの都市では、シンプルな普段使いの陶器が生産されていた。
デルフトでは、家庭で普段使用する装飾のほとんどないものから、意匠を凝らした美術品とよべるものまで、様々な種類の陶器が制作されていた。「カストステル (kaststel)」と呼ばれる壺のセットは多くの工房で制作されている。装飾画が描かれた絵皿も多く制作されており、風車、漁船、狩猟、風景、海洋など、オランダを代表するようなモチーフが描かれた絵皿が好まれた。絵皿のセットには詩歌が書かれており、会食の場で食後のデザートがこのような絵皿で供されることもあった。デザートを食べ終わると、絵皿に書かれた詩歌を全員で歌い出すといった光景も見られた。デルフト陶器では陶板も大量に制作されており、その制作総枚数は8億枚程度と考えられている。現在のオランダでも、多くの家庭に17世紀から18世紀に制作された陶板が伝えられている。
1750年以降のデルフト陶器は美術品としての価値が下落したと考える専門家もいる。イギリスの陶芸家で、多くの著作があるアラン・カイガー=スミス (en:Alan Caiger-Smith) は、後期のデルフト陶器の多くが「巧妙だが繊弱な絵付けがなされている。風合いにも独創性にも欠けており、18世紀終わりからのデルフト陶器産業は、残念なことに衰退の一途をたどった」としている。18世紀になると、デルフト陶器はイギリス製磁器に押されて市場を失っていった。現在のオランダで、往時から続いている窯元は、1594年創業のフリースラント州の王立ティヒラー・マッカム工房と、1653年創業の王立デルフト陶器工房 (en:De Koninklijke Porceleyne Fles) しか存在しない。現在のデルフト陶器には当時使われていたスズ釉薬はほとんど使用されていない。ただし、王立ティヒラー・マッカム工房では現在でもスズ釉薬を用いた陶器を生産している。  (wikipedia・デルフト陶器より)]

ロイヤル・デルフト – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がロイヤル・デルフト陶器工房です。

ロイヤル・デルフト陶器工房ショールームのカメラです。

ロイヤル・デルフト陶器工房ショールームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*