旧市庁舎

マーカーは旧市庁舎です。

旧市庁舎(Old City Hall (The Hague))
[デン・ハーグの旧市庁舎は、Groenmarktにあるマルクトの聖ヤコブ教会(Grote Kerk)の隣のルネッサンス建築の建物です。建物はデン・ハーグの元行政庁で、歴史的建物として保存され、今でも結婚式の会場として使用されています。旧市庁舎でロイヤルファミリーは、その家族の出生を登録します。一般の家庭は同じGroenmarktにある公共図書館の近くの大きな白い建物の中にある現在の市役所で登録します。
歴史的な画像ギャラリーとしての内外観を備えた、旧市庁舎は1565年に建設されました。その当時としては、建物は非常に大きく、堂々としていました。1566年作家であるロド. ヴィーコ・グィッチャルディーニ(LodovicoGuicciardini)が訪れた直後、デン・ハーグはヨーロッパの中で最も美しく、裕福で、最大な村であると記述しています。この賞賛の言葉で、デン・ハーグは城壁の町ではなかったので、グィッチャルディーニは、デン・ハーグを村と分類したため旧市庁舎はかなり壮大に見えたことでしょう。
デン・ハーグは、攻撃されることに脆弱であったという事実を考えると、旧市庁舎が古い装飾や窓にダメージを与えられることなくプロテスタント革命を生き延びたことは奇跡のようなものです。
1733年にはダニエル・マロ(nl.Daniel Marot)によって拡大された。建物の内部は、時間をかけてインテリアを含めいくつかの変更がなされ、1773年に復元が終わりました。ファサードの彫像は”信仰”、 “希望”、”愛”、 “強さ”と “正義”を表現し、それらは1742年以前にハーグの彫刻家Jan Baptist Xaveryによって作られました。
「Nieuwstraatから見たGroenmarktにあるハーグの旧市庁舎、旧市庁舎は、1564年にはホラント伯爵の居城を建替えて建てられました。」・wikipedia-photo、「1682年Jan de Baen作・寓話絵”ソロモンの裁き”前に描かれた治安判事の絵」・wikipedia-photo、裁判所内に掲げられているWillem Doudijns作の三つの絵画・wikipedia-photo、「ドア上部に掲げられたJacob_de_Wit作・Audi_alteram_partem(アウディー・アルテラム・パルテム)」・wikipedia-photo、1900年の旧市庁舎・wikipedia-photo]

旧市庁舎 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が旧市庁舎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*