旧聖霊教会、旧女子孤児院

マーカーは旧聖霊教会です。

旧聖霊教会(Sint-Hippolytuskapel)
[オランダ南ホラント州デルフトにあるシント・ヒッポリュトス(Sint-Hippolytuskapel )礼拝堂は、1400年頃に建てられた聖霊の姉妹家の礼拝堂です。礼拝堂は、ニーストラート(Nieuwstraat)のある角のアウデ・デルフト(Oude Delft)にあります。礼拝堂は1919年と1924年に復元されました。建物に上階が追加され、2倍のスペースが確保されました。現在の名前は1972年のものです。 その年以前、建物は何世紀にもわたって他の機能を保持した後(1920年代から1966年までのデルフト工科大学の講堂として)、再びローマカトリックの礼拝堂として使用されました。現在はローマ教皇の聖ヒッポリュトス(在位:217年 – 235年)に捧げられています。
シント・ヒッポリュトス(Sint-Hippolytuskapel )礼拝堂・wikipedia-photo、「ヘンク・エティエンヌ(Henk Etienne)作『炎を持つ女性』(制作年・1930年)、チャペルの隅にあるの画像」・wikipedia-photo]

旧女子孤児院
[「少女の家」は、オランダの南ホラント州のデルフト市にある建物です。 建物は旧デルフトにあります。1578年から1954年の間、「少女の家」は離婚した家族の半孤児の孤児院でした。少女は少なくとも1人の生きている親を持たなければなりません。現在の建物の日付は1769年です。その前に、同じ場所に聖霊姉妹の家がありました。それは、1536年の大火で失われました。その後建設された建物には、1578年に孤児院の機能が与えられました。この建物は1767年に取り壊され、1769年にニコラス・テルバラ(Nicolaas Terburgh.)によってルイ15世様式で設計された「新しい建物」がオープンしました。当初は約18人の孤児でしたが、新しい建物には32人の女の子のためのスペースがありました。孤児院に入ったとき、孤児の少女は法的に出生した、6〜10歳でなければなりませんでした。入居は無料ではありませんでした。 誰もが付属品またはフランドルの1ポンドのお金とベッドを持ち込み、さらにまともな服を持ち込む必要がありました。生徒が「少女の家」を出ると(通常18歳で)、再び親の元に戻りました。18歳を過ぎると、少女たちは通常就職しました。孤児院での滞在中、言語、算数、宗教、工芸、料理の教育でよく訓練されていました。毎週日曜日の朝と午後、少女たちは2人ずつ連れ立って、近くのOude Kerkの礼拝所を訪れていました。教会の後、彼女らは片親、そしておそらくまだ家に住んでいた兄弟や姉妹に会いに、数時間家に帰ることを許可されました。年長の女の子は白いスカーフと半分のエプロンを付けていました。
20世紀の間に、孤児院は徐々に機能を失いました。1954年には15人の少女が残った。 彼女らは家族のもとに戻され、財産は自治体に売却されました。収益はデルフト・ヤング・ピープル財団(旧The Girl’s House)に寄付されました。この財団は、収益で若者のケアの伝統を続けています。しばらくの間、民族誌コレクションがありましたが、現在はヌサンタラ博物館(Museum Nusantara)に移転されています。さらに、デルフトの自治体は、ここに福祉、教育、文化部門を収容していました。この部門が移動した後、2003年に自治体は、孤児の少女の世話をしていた財団に建物を売却しました。財団は、一般的な社会的目的から建物を管理するという目標を設定しました。
2005年に、「少女の家」は改装後に使用を再開しました。現在、この建物は、Society ‘Het Jongenshuis’およびErfgoedhuis Zuid-Hollandに宿泊施設を提供しています。
2005年の少女の家の正面・wikipedia-photo、豪華に装飾された天窓のある入り口・wikipedia-photo、集合写真、日付不明・wikipedia-photo]

聖ヒッポリュトス礼拝堂 – Google Map 画像リンク」「Sociëteit het Meisjeshuis – Google Map 画像リンク

カメラ東方向右が旧女子孤児院で、左が旧聖霊教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*