旧肉市場

マーカーは旧肉市場です。

旧肉市場
[市庁舎から旧教会に向かう途中に表入口の上に牛の頭の彫刻を冠する旧肉市場の建物があります。あまり飾り気のある建物ではありませんが,表の牛の頭の彫刻はよく目立ちます。それと,この彫刻がこの建物が何かをすぐに想像させます。
 肉市場の建物の歴史は14世紀まで遡ることができます。1650年にHendrick Swaefの設計により,後期ゴシック建築のアーチ型天井を持つ地下倉庫を残しながらオランダ古典様式に立て替えられました。1872年から20世紀初頭までは穀物取引所として利用され,現在はユース・クラブ「De Koornbeurs」となっています。  (「2006冬 オランダの旅1(デルフト編) – 旅行のクチコミサイト フォートラベル」より)]

De Koornbeursホームページ

O.J.V. the Koornbeurs – Google Map 画像リンク」「O.J.V. the Koornbeurs – Google Map 画像リンク」「De Centrale – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が旧肉市場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*