ノールドアインデ宮殿

マーカーはノールドアインデ宮殿です。

ノールドアインデ宮殿
[デン・ハーグ市内には王室の宮殿がいくつかありますが、「ノールドアインデ宮」(Paleis Noordeinde)もそのひとつです。1609年、国がオラニエウィレム1世の未亡人にこの宮殿を贈与して以来、現在にいたるまでオランダ王室の執務宮殿として使われています。
ノールドアインデ宮は、デン・ハーグの中心、ノールドアインデ通りにあります。一般公開はされていませんが、外観の写真を撮る事はできます。周辺の通りは、オランダ一“アート密度”が高いエリアと言われています。
ノールドアインデ宮の裏側には、静かなパレスガーデンがあります。小さな公園で入場は無料。公園の隣の王室が所有する厩舎があり、王室の馬や馬車を見ることができます。  (「ノールドアインデ宮 – Article – Holland.com」より)]

[デン・ハーグ市内にあるノールドアインデ宮殿の門。国章は青地に金の獅子のナッサウ家と剣と矢を持つ獅子のネーデルラント連邦共和国の紋章を合わせている。獅子が握っている7本の矢はネーデルラント連邦共和国時を構成した7州を指している。  (「デン・ハーグ Noordeinde 宮殿」より)]

ノールドアインデ宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がノールドアインデ宮殿で、手前にオランダ独立国家(ネーデルラント連邦共和国)の事実上の初代君主ウィレム1世(在位:1572年 – 1584年)像があります。

カメラ南南西方向がノールドアインデ宮殿です。

ノールドアインデ宮殿エントランスホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*