ビネンホフ・騎士の館(国会議事堂)

マーカーは騎士の館です。

ビネンホフ
[長い年月にわたって、デン・ハーグの「ビネンホフ」は、オランダの政治の中枢機関として機能しています。昔も今も国家の政治はここで討議され決議されています。ビネンホフの建築やその豊かな歴史も興味深く、是非訪れておきたい場所のひとつです。
ビネンホフにあるビジターセンターで、ガイドツアーを行っています。「リダーザール」(ナイトのホール)に加えて、上院(第一院)か下院(第二院)のどちらか、あるいは両方の議会を見学することができます。このツアーは、オランダの国会やその建築の歴史を紹介するビデオで始まります。予約を入れておくと安心です。
ツアーは通年行っていますが、議会のスケジュールによっては、全ての部屋を見学できない場合もあります。9月の第三火曜日には、政治家と王家のメンバーが「ビネンホフ」に集まり、次年度の予算を発表します。盛大な政治的イベントです。  (「オランダ政府観光局 – ビネンホフ」より)]

[1年に1度、デン・ハーグが盛り上がる日がある。それは、オランダの国会が始まる日でオランダ語では「Prinsjesdag(プリンシェスダッハ)」というときだ。単なる国会が始まる日だったら、そんなのはあまり面白くないのだが、このときに、日本の国会がはじまるときと同じように国家元首である女王が国会開催宣言をするようで、その宣言をするために国会に女王が出向くのだ。その出向くときに乗車する馬車が黄金であるため、それを観るために、オランダ中はもちろんのこと、海外からもたくさんの観光客が観にやってくるのがこの日である。毎年9月第3火曜日がこのイベントの日にあたるのだ。パレードは、最初は民族衣装を着た人たちが歩いてくるというところから始まる。それはまるでキリストの聖血祭でもやっているかのようだ。  (「猫的生活 – 国会開会のパレード(デン・ハーグ)」より)]

騎士の館(リッデルザール)
[1230年、ホラント伯フロリス4世(1210年6月24日 – 1234年7月19日、1222年に父が死去、若年で相続した。1234年、舅のブラバント公アンリ1世のブレーメン遠征に加わったが、同年の馬上槍試合で死去した。)は狩猟の場とするために、ホフフェイオファの沼に沿った土地を購入し住居を設けた。1248年、ホラント伯ヴィレム2世(在位:1234年 – 1256年)がそれを宮殿に改築する工事に着手した。1256年、ヴィレム2世は完成を見ずに死亡するが、工事はホラント伯フロリス5世(在位:1256年 ‐ 1296年)によって部分的に完成された。ビネンホフにあるリッデルザールがそれである。  (wikipedia・デン・ハーグより)]

ビネンホフ – Google Map 画像リンク」「Memorial stone Caetsbaan – Google Map 画像リンク」「Fontein graaf Willem II – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が騎士の館(国会議事堂)・紋章が刻まれている門です。

カメラ位置は東側門内で、騎士の館(リッデルザール)の裏側になります。

騎士の館(リッデルザール)前のカメラです。

黄昏の騎士の館(リッデルザール)

騎士の館(リッデルザール)ゲート前のカメラです。

騎士の館(リッデルザール)騎士の間玉座前のカメラです。毎年9月の第3火曜日はオランダにとって特別な日、「Prinsjesdag (オランダ国会の開会の日)」です。国王は騎士の間で国会開会の宣言をして、オランダ行政の新年度が始まります。

ビネンホフ・ホフ池(Hofvijver)側のカメラです。

国会議事堂(第一院)
[第一院(オランダ語: Eerste Kamer der Staten-Generaal、たんに Eerste Kamer とも)は、オランダの議会であるスターテン・ヘネラールにおける上院。第一院は1815年、ナポレオン戦争が終結してネーデルラント連合王国が成立した年に設立され、1830年のベルギー独立革命後も第一院は存続することになった。
ビネンホフにある議事堂・wikipedia-photo  (wikipedia・第一院_(オランダ)より)]

第二院
[第二院(Tweede Kamer der Staten-Generaal、たんに Tweede Kamer とも)とは、オランダの議会であるスターテン・ヘネラールにおける下院。議員の定数は150で、政党名簿比例代表による選挙で選出される。第二院は第一院と同じく、デン・ハーグにおかれている。
第二院は二院制であるオランダ議会でも第一院に対して優越的であり、法案の審議や内閣の行動の監視を行っている。内閣および第二院自身の両方に法案提出権があり、第二院において法案が審議され、過半数で採択されるとその法案は第一院に送られる。
第二院の入る建物・wikipedia-photo  (wikipedia・第二院_(オランダ)より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*