ユダヤ博物館 “Carlo and Vera Wagner”

マーカーはユダヤ博物館 “Carlo and Vera Wagner”です。

ユダヤ博物館 “Carlo and Vera Wagner”(Museo ebraico Carlo e Vera Wagner)
[ユダヤ博物館 “Carlo and Vera Wagner”は、イタリアトリエステのvia del monte 5/7にあり、1993年にMario Stockの主導とWagner-de Polo家族の寛大な貢献によって発足し、銀製品、家具やトリエステのユダヤ人コミュニティの生活に関連する文書を収集しています。
この博物館は、トリエステ・ユダヤ共同体の歴史的に重要な意味を持ち、歴史的建造物と宣言された建物の2階にあります。この建物は、以前はユダヤ人の病院で、20世紀初頭には地域のユダヤ人コミュニティ事務所として使用され、トリエステからパレスチナアメリカに向かう途中の難民がナチズムから逃れるのを助けました。このサイトでは、アシュケナージ劇場が1987年まで使用されていました。劇場部分は引き続き博物館の構造の一部になっています。
2014〜15年、トリエステのユダヤ人コミュニティは、博物館を完全に改装しました。2014年9月14日、ヨーロッパのユダヤ文化の日を記念して、改装された博物館の最初の部分が公開されました。
博物館への入り口(改修前)・wikipedia-photo]

ユダヤ博物館のウェブサイト

[サン・ジュストの丘を下りるとユダヤ人ゲットーに到着します。現在大部分の家は修復され、多くは画廊、骨董品店になっています。  (「フリウリ=ヴェネチア-ジュリア州 Trieste – JAPAN-ITALY Travel Online」より)]

カメラ南方向がカルロとベラワーグナー・ユダヤ博物館(Museo ebraico Carlo e Vera Wagner)で、この付近一帯が旧ゲットーです。