トリエステ中央駅

マーカーはトリエステ中央駅です。

トリエステ中央駅
[港の存在と、長距離の乗客・貨物輸送の必要性から、トリエステへ鉄道は早くに敷かれた。初の鉄道は1857年に敷かれた。この路線は、1400km離れたリヴィウから、リュブリャナ、ショプロンウィーンクラクフグラーツ近郊のゼメリング峠アルプス山脈を横切って拡張した。この路線はトリエステのオピチナ(Villa Opicina)地区を通ってトリエステへ接近する(市から数キロだが標高は300m以上高い)。このため、路線はトリエステ中央駅で終点となる前に北へ32km迂回する。
トリエステへの旅客輸送は現在ヴェネツィアへ向かう鉄道からなる。この路線はローマミラノメストレへつながっている。これらの電車は、トリエステ湾北部の湾曲部とつながる中央駅へ達する。イタリア=スロヴェニア間の国際交通は、トリエステを迂回しオピチナを通過して通っている。
トリエステ中央駅・wikipedia-photo  (wikipedia・トリエステより)]

トリエステ中央駅 : コントリ!(コントラバスでトリエステ) ヌオーヴォ!」、「トリエステ中央駅/トリエステの評判 | 地球の歩き方[旅スケ]

カメラ西北西方向がトリエステ中央駅です。

トリエステ中央駅エントランスホールのカメラです。