ミラマーレ城

マーカーはミラマーレ城です。

ミラマーレ城
[「ミラマール城」とも。オーストリア大公で、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の実弟マクシミリアンの元で働いていたカール・ユンケルが、1856年から1860年の間に建てた。付属の庭園は、マクシミリアンの命令で集められ植えられた多種多様な樹木を持つ。2つの池を含む庭園内には、ハクチョウ、ハスの花、マクシミリアンのブロンズ像近くのカステレット、小さな礼拝堂(マクシミリアンがメキシコへ向かって出航した艦船ノヴァーラ号の遺物である十字架を保存)がある。トリエステ自由地域に属していた頃、城はアメリカ軍の駐トリエステ・アメリカ軍本部が置かれていた。  (wikipedia・トリエステより)]

[ミラマール城(ドイツ語: Schloss Miramare、イタリア語: Castello di Miramare)は、現在のイタリア共和国トリエステ近郊にある城館。1856年から1860年にかけて、当時はオーストリア領であったこの地に、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟であるマクシミリアン大公(のちにメキシコ皇帝)によって築かれた。
ロンバルド=ヴェネト王国の副王を解任されたマクシミリアン大公は、無役のままトリエステに隠棲することを決意し、アドリア海に面した断崖の上に自らの居館を築いた。あらゆる建築様式が雑然と取り入れられ、内部には中国や日本の部屋まである。
マクシミリアン大公はこの城館で、フランス皇帝ナポレオン3世からの申し出を受け、メキシコ皇帝となることを決意した。
現在のミラマール城と周囲の景観・wikipedia-photo、ミラマール城でメキシコ帝冠を受諾するマクシミリアン大公・wikipedia-photo  (wikipedia・ミラマール城より)]

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sul castello di Miramare

ミラマール城 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がミラマーレ城です。

ミラマーレ城海岸バルコニーのカメラです。

ミラマーレ城船着き場からのカメラです。