サント=クロワ教会

マーカーはサント=クロワ教会です。

サント=クロワ教会(Église Sainte-Croix de Nantes)
[1685年建設。元々はイエズス会派教会。  (wikipedia・ナントより)]

[サント=クロワ教会は1669年 – 1885年に建設され、身廊は華やかなゴシック様式で建てられました。セントクロア広場を見下ろすファサードは、アンティークな彫刻の列とペディメントで最も純粋な古典的なスタイルで装飾されています。
フランス革命中、教会は刑務所として使用されました。
1860年、建築家Henri-Théodore Driolletによって鐘楼にランタンと時計が共存したファサードに改修されました。この混合構造は、ナント市と教区との間の妥協のさんぶつです。
現在鐘楼は、1663年に鋳造され、8096キロの重量を有する、「ブッフェ」と呼ばれる鐘を収容したランタンと時計で構成され、ランタンはトランペットを吹く天使の寓話ラウンドで飾られています。
右の通路の祭壇は17世紀唯一の生き残りで、錬鉄製の手すりが付いたマホガニー製のロココ調の説教壇は歴史的建造物に指定されています。
オリジナルのオルガンは1853年にさかのぼり、数回復元され、最後の修正は1979年です。
サント=クロワ教会・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo、説教壇・wikipedia-photo、聖母の像・wikipedia-photo]

Église Sainte-Croix de Nantes – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がサント=クロワ教会です。

サント=クロワ教会身廊のカメラです。

サント=クロワ教会身廊・祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*