サン・ニコラ教会

マーカーはサン・ニコラ教会です。

サン・ニコラ教会(Basilique Saint-Nicolas de Nantes)
[1869年完成。ネオ・ゴシック様式。フランス歴史文化財に指定されている。  (wikipedia・ナントより)]

[ナントのサン・ニコラ大聖堂は、フランス、ナントの市内中心部に位置するのネオ・ゴシック様式の大聖堂です。
チャペルまたは小さな支部の教会は、11世紀の後半から12世紀の終わりにかけて建てられました。ニコラス・トラヴァース(Nicolas Travers)は、19世紀に、その年に言及された「サンニコラ墓地」の存在に基づいて、1186年以前の建築物を想定しています。当時、このセクターはサンシミリアン教区の一部でした。1226年、ブルターニュ公ピエール1世(在位:1213年 – 1237年)がサンニコラ地区を含む城壁の建設を開始しました。
15世紀初頭、要塞が悪化し、ブルターニュ公フランソワ1世(在位:1442年 – 1450年)は壁を改修し、サンニコラの門を再建しました(現在のアルシュ・セーシュの通り(Rues de l’Arche-Sèche)とブーラン司令官(Rue du Commandant-Boulay)通りの交差点で)。同時に、サンニコラ教会は城壁改修の対象です。その名前は、1444年の文書で初めて言及されおり、近くのサンニコラ門の再建にも忙しかった、マチュリン・ロディエ(Mathurin Rodier)の教会入口での介入を証明しています。当時、教会は教会の名前を冠した教区の中心にありました。1450年から、教会は教区の人口の大幅な増加を伴い連続して拡大を行いました。建設評議会は、いくつかの家を取得することを決定し、建物を城壁から分離する区画が取得されました。しかし、教会の身廊の基礎はピエール1世の古い壁の一部で支えられています。21世紀にもその基礎は、現在の教会と並んで西側にあるデュボアサン通り(Rue Duvoisin)に残っています。連続した拡張は、1478年2月24日にピエール・デュ・シャフォール(Pierre du Chaffault)司教が実施する新しい就任式を正当化するほどのものです。
建物のハイライトの1つは、20メートルの高さのステンドグラスの窓と26の彫像で飾られた祭壇です。
17世紀半ば、鐘楼は劣化して再建が必要となり、資金調達のため 貴重な典礼本の販売を含む募金活動が必要になりました。改修は1766年に始まり、1772年に終わりました。しかし、教区は建物を完全に再建することを計画しています。 計画は1773年に作成され、作業は1789年に決定されました。したがって、1766-1772年の改修により、大きな柱で区切られた3つの身廊を持つ古い建物に最後の仕上げがもたらされます。シュヴェサイドは平らで、 後陣は現在のアフレ通り(Rue Affre)の敷地にあり、南側のフェリックス・フルニエ広場(Place Félix-Fournier)からアクセスできました。主なアクセスは、現在のフェリックス・フルニエ広場にあるポーチを経由して南からです。教会には、その記念碑的なステンドグラスの窓とその華やかな祭壇が残っています。
ナントの教区司祭であり将来の司教であるフェリックス・フルニエ(Félix Fournier)の推進力の下で、現在の教会の建設は窮屈な土地に1844年(最初の石を敷く)から1869年(建物の祝福)に及びます。それはキリスト教の伝統が望むような東西ではなく、南北軸に向けられることを義務付けています(太陽が聖域の上に昇る)。鐘楼の建設だけで、過去15年間の年月がかかりました。記念碑は、ルイ・フィリップ(在位: 1830年 – 1848年)の治世、アキレ・シャパー(Achille Chaper)長官、フェルディナンド・ファーヴル(Ferdinand Favre)市長の政権時代に、新しい教会の礎石の敷設を記録します。教会は、この地域の花崗岩、およびトゥーレーヌの硬い石とトゥファで作られています。このプロジェクトは、アンリ・ラブルステ(Henri Labrouste)の弟子であり、フランスで最初のネオゴシックプロジェクトの1つとなったウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュック(Eugène Viollet-le-Duc)の協力者であるジャン・バプティスト・アントワーヌ・ラッサス(Jean-Baptiste-Antoine Lassus)に委ねられました。
1882年10月26日に教皇レオ13世(在位:1878年-1903年)によって小聖堂として建てられました。
1877年に亡くなったフェリックス・フルニエの墓は、1883年に設置されました。
ネオゴシック様式の家具は、1986年11月に教会自体が分類された1年前の1985年11月20日以来、歴史的な記念碑として登録されています。
第二次世界大戦連合軍の爆撃で教会はひどく損傷を受けました 1943年9月16日地区全体、特に近くのロワイヤル広場の一部、および北に沿って走るカルヴェール通りに影響を及ぼします。戦後、再建作業は 1953年に始まり、 1974年まで続きました。
サン・ニコラ教会外観・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo、ポータルの像・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、8人の天使の矢・wikipedia-photo、「記念碑-フェリックス・フルニエ(1803-1877)、ナントの司教 1870年から1877年まで。」・wikipedia-photo、「祝福されたセフェリーノ(Zéphyrin Giménez Malla)、殉教者、最初の列福されたジプシーに捧げられたチャペル。」・wikipedia-photo]

Saint Nicolas Basilica of Nantes – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がサン・ニコラ教会です。

サン・ニコラ教会拝廊のカメラです。

サン・ニコラ教会身廊のカメラで、カメラ北北東方向にフェリックス・フルニエ記念碑があります。

サン・ニコラ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*