ナントの城壁

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    ナントの城壁(Enceinte médiévale de Nantes)
    [ナントの中世の壁は、ブルターニュ公国、特にナント市の軍事防衛の一環として13世紀から建設された壁です。これらの城壁は、18世紀から19世紀初頭にかけて都市計画の懸念に対応するために破壊されました。 痕跡のみが残ります。
    ナントのガロ・ローマの囲いは、外部からの侵略から街を守るために2世紀の終わりに建てられました。9世紀には、これらの壁はノルマン人の侵略中に破損しました。 ナントは13世紀まで廃城のままでした。13世紀、ガイ・ド・トゥアール(Guy de Thouars)と彼の義理の息子であるブルターニュ公のピエール・モークレール(ピエール1世・在位:1213年 – 1237年が新しい城を建設し始めました。15世紀に改修されたこれらの壁は、18世紀までほぼ無傷のままでした。18世紀には、人口は古代および中世の壁の限界を超えて成長し始めました。
    この壁は、ロワール川沿いと街の東側にあるローマの壁の跡をたどっています。北と西には、古代の壁を越えて広がっています。サン・レオナール教会(L’église Saint-Léonard・教会はフランス革命の間に接収され、金のブランクを製造するための鋳造工場になります。)、かつてのサン・シル・エ・サント・ジュリット教会(L’église Saint-Cyr-et-Sainte-Julitte)は、ローマの壁の外側にありました。エルドレ(Erdre)川のほとりに到着し、現在のシュヴァルブラン通り(Rue du Cheval-Blanc)まで南の川の端をたどります。ローマの囲いがエルドレに沿ってロワール(Loire)まで続く一方で、新しい囲いは西に曲がり、現在のプチ・ムール広場(Place des Petits-Murs)でエルドレを横断し、 それまでは街の外にあった、フォーブール・サン・ニコラ(Faubourg Saint-Nicolas)を囲みます。南部では、エルドレは部分的に埋め立てられ、カルム通り(Rue des Carmes)とチェンジ広場(Place du Change)が造られています。
    新しい壁には、いくつかの塔と門が装備されています。エルドレの西側には、14世紀にソーベウト門(Porte Sauvetout)とそれに関連する城壁が建設されました。他の塔は、ポルト・コミュノー広場(Place du Port-Communeau)とシメオン・フーコー通り(Rue Siméon-Foucault)の間にあり、オテルド・トロワ・マルシャン(Hôteldes Trois Marchands・現在のアーマンド・ブロサード通り(Rue Armand-Brossard))の向かいにあります。サン・ピエール門(Porte Saint-Pierre)は1532年から1534年の間に、13世紀の門の土台の上に、ローマの正門と同じ場所に建てられました。
    城壁の長さは2,220 mで、26ヘクタールの面積があり、ローマの都市の面積の約2倍です。
    現在、サン・ピエール通りに沿って名残があり、サン・ピエール門(Porte Saint-Pierre)とサン・ローラン塔(Tour Saint-Laurent・大聖堂の隣)があります。ソーベウト門(Porte Sauvetout)とその塔(オール・ピエ塔(Tour Haut-le-Pied)とオーパス塔(Tour du Haut-Pas))の遺跡は、ポン・ソーヴェットアウト通り(Rues du Pont-Sauvetout)と肉屋の店の通り(Rue de la Boucherie)に今も見えています。大規模な台無しにされたセクションは、サン・ニコラ教会、デュボアザン通り(Rue Duvoisin)の隣にあります。
    サン・ピエール門は、1909年9月17日の法令により歴史的建造物に登録されています。
    2017年9月、コネタブル塔(Tour du Connétable )の基部の痕跡と13世紀に作られた城壁が、考古学的予防診断の一環としての、フルリオ・ド・ラングル広場(Square Fleuriot-de-Langle)の発掘調査で発見されました。解決策は、ガラスの床の下にある遺跡を保存しながら、日本のブランドユニクロの店舗を計画的に設立できるようにすることです。
    「2012年にAlléed’Orléansから見たオーパス塔(Tour du Haut-Pas)の遺跡(路地に沿って建物が建設されているため、このビューはもはや不可能です)。」・wikipedia-photo、サン・ピエール門・wikipedia-photo、ソーベウト門(Porte Sauvetout)・wikipedia-photo、サン・ローラン塔(Tour Saint-Laurent)・wikipedia-photo、デュボアザン通り(Rue Duvoisin)・wikipedia-photo]

    カメラ位置はマレシャル・フォッシュ広場で、カメラ南西方向がサン・ピエール門(Porte Saint-Pierre)で、その左隣がナント大聖堂です。
    Stradivaria – Google Map 画像リンク

    カメラ位置はサン・ピエール通りで、カメラ南西方向遊歩道端にサン・ローラン塔(Tour Saint-Laurent)跡があります。

    カメラ位置はアーマンド・ブロサード通り(Rue Armand-Brossard)のオテルド・トロワ・マルシャン(Hôteldes Trois Marchands)前で、この付近に城門がありました。

    カメラ位置はソーベウト門通り(Rue du Pont Sauvetout)で、カメラ南南東方向がソーベウト門(Porte Sauvetout)の塔跡です。

    カメラ位置はサン・ニコラ教会前で、カメラ北北西方向デュボアザン通り(Rue Duvoisin)左に城壁跡があります。