ナント大聖堂

マーカーはナント大聖堂です。

フランス・ナントの大聖堂火災、施錠担当の男が放火 … – BBC

ナント大聖堂(Cathédrale Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Nantes)
[正式名称はサン=ピエール=エ=サン=ポール大聖堂。1434年にゴシック様式大聖堂として建設が始まり、457年後の1891年に完成した。ナント司教座が置かれている。1862年にフランス歴史文化財(Monument historique (France))指定された。
ナント大聖堂・wikipedia-photo  (wikipedia・ナントより)]

[1434 年着工の歴史的建造物。ジャン5世が公国一の大聖堂の建築を望んだため、完成まで450年もの歳月を要した。翼廊にあるフランソワ2世と公妃マルグリッ ト・ド・フォアの白い墓は、娘のアンヌ・ド・ブルターニュが両親を埋葬するために作らせたもの。ルネサンス様式の装飾が見事。
年間無休・地下の礼拝堂は土日の午後のみ見学可(無料)。  (「ナントでRendez-vous | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構」より)]

[サン=ピエール=エ=サン=ポール大聖堂(ローカルでは「サン・ピエール大聖堂」とも呼ばれます)は、ナント(ロワールアトランティック)のサン・ピエール広場にあるカトリック大聖堂です。その建設は1434年から1891年まで457年に及びましたが、これらの遅れはゴシック様式の品質や一貫性に決して影響しません。1862年以来、歴史的な記念碑として分類されています。
この場所はもともと、ローマの神ヤヌス(Janus)または「ブルヤヌス(Bouljanus)」に捧げられたドルイド寺院(Temple druidique)によって占められていました。続いて、同じ敷地内の現在の大聖堂の前に3つのキリスト教の宗教的建物がありました。
●4世紀に建てられた大聖堂。
●6世紀に建てられた最初の大聖堂。
●11世紀に建てられた2番目のロマネスク様式の大聖堂。
現在の建物は後者の敷地に建てられ、徐々に取り込まれていきました。
現在の大聖堂
現在の建物の建設は、ギヨーム・デ・ダンマルタン(Guillaume de Dammartin)が最初に率いています。ギヨーム・デ・ダンマルタン(トゥール大聖堂(Cathédrale de Tours)の建築家)との繫がりは推測に過ぎず、ナントの大聖堂の建設現場の責任者にマトゥリン・ロディエ(Mathurin Rodier)がいることは、1444年に「マスター・マッソン(maistre masson)」によって証明されています。マトゥリン・ロディエ(Mathurin Rodier)が建設現場を担当し、 1434年4月14日に礎石がブルターニュ公ジャン5世(在位:1399年 – 1442年)とジャン・ド・マルストロワ(Jean de Malestroit)司教によって敷設されました。
15世紀半ばは確かにそのようなプロジェクトの立ち上げを助長する時期でした。ブルターニュは、当時のヨーロッパ、特にフランス王国(ヴァロワ朝)とイギリス王国(ランカスター朝)との百年戦争から比較的離れた日和見的で巧みな外交政策のおかげで十分な商業的繁栄を取り戻しました。
さらに、このような堂々たる大聖堂の設立と公爵権力の影響は、ブルターニュ継承戦争の後の難しい状況で、権力の正当性を推し進めます。ナントは、ジャン5世のこの政治的意志から利益を得る唯一の都市ではありませんでした。たとえば、10年前の1424年に開始されたカンペール大聖堂(Cathédrale Saint-Corentin de Quimper)のファサードの同様の建築現場もあります。
ファサードを飾る中央ポータルは、大衆向けに1481年に完成しました。 アンリ4世(在位:1589年 – 1610年)は1598年に、ナントへの訪問中に、個人の信仰の自由を認めたナントの勅令に署名したときにそこから入りました。
15世紀の終わりにファサードが完成しましたが、塔は1508年まで完成しませんでした。身廊クワイヤも16世紀初頭に完成しましたが、身廊のゴシック様式の丸天井、翼廊の南側、控え壁は17世紀に完成しました。17世紀の完成プロジェクト(そのモデルは残っています)は、袖廊と短いシュヴェを追加し、城壁にもたれることを想定していました。
フランス革命の間、この大聖堂は1793年のナントの包囲の際の軍事監視所として使用されました。サウスタワーには高さ10メートルの木造タワーが建てられ、望遠鏡によって監視が確保されていました。このようにして得られた情報に基づいて、軍事上の決定が下されました。
この期間、大聖堂は武器庫と馬小屋に変わり、1794年の省令により、祝日を祝うために公式に奉献されました(これは偉大なオルガンにも使用されます)。
1796年に大聖堂は破壊の脅威にさらされます、「デパートメント通り」(現在のロワルアルベール通り(Rue du Roi-Albert))を直線で「ブルス通り」(プレミオン通り(Rue Prémion))まで延長する計画でした。マトゥリン・ジュリアン・グロロー(Mathurin-Julien Grolleau)の専門家としての介入により、建物の破壊が回避されます。 彼は教会の移転は建物が外部構造の変更を受けないことを条件にのみ行うことができると規定する報告書を書いており、ナントで最高の展望台の重要性を想起します。 大聖堂が破壊された場合、建設に費用がかかりました。
1800年5月25日に、ブルターニュ公爵の城のスペインの塔での火薬庫の爆発により、大聖堂の南翼に大きな損害が生じました。
その後、天文学的研究のために、また海軍士官に新しい航法技術を訓練する水路学の必要性のために、展望台が維持されます。木製の塔はすぐに陳腐化の兆候を示し、そして、大聖堂はその宗教的召命を取り戻しました。 展望台は1823年にモリエール通り(Rue Molière)の「グラスラン邸」のタワーに移されました。
市の東側の壁の解体により、袖廊とシュヴェの北側は1840年に着手され、古いロマネスクのクワイヤは1876年から取り壊され、1886年に古い袖廊クロッシング のタワーが取り壊され、19世紀に大聖堂が完成しました。
457年間の仕事の後、大聖堂は1891年12月25日にル・コック(Le Coq)司教によって、ついに発足しました。
身廊のシャンデリアは1870年頃にフランソワ・エヴェリン(François Evellin)によって作られ、1994年に歴史的建造物の対象として分類されました。

ナント大聖堂平面図

大聖堂のファサード・wikipedia-photo、大聖堂の復元されたファサード・wikipedia-photo、修復後の2008年の西部ファサードの詳細・wikipedia-photo、大聖堂のファサードの眺め・wikipedia-photo、夜の大聖堂・wikipedia-photo、西ポータル・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、身廊と内陣・wikipedia-photo、身廊と祭壇・wikipedia-photo、「修復後のメインエントランス、グランドスタンド、ビュッフェ、燭台の上にあるオルガン。」・wikipedia-photo、大聖堂の大きなオルガン・wikipedia-photo、聖歌隊オルガン・wikipedia-photoブルターニュのフランシスコ2世の墓wikipedia-photo、墓側面・wikipedia-photo、ブルターニュのフランシス2世の横側面・wikipedia-photo、彫像『慎重』・wikipedia-photo、ラモリシエール将軍の慰霊碑(Cénotaphe du général de Lamoricière)・wikipedia-photo、祝福されたフランソワーズダンボワーズに捧げられたチャペル・wikipedia-photo]

サン・ピエール・サン・ポール大聖堂 – Google Map 画像リンク」「サン・ピエール・サン・ポール大聖堂 – Google Map 画像リンク」「サン・ピエール・サン・ポール大聖堂 – Google Map 画像リンク」

カメラ東方向がナント大聖堂です。

プロジェクションマッピング

ナント大聖堂拝廊のカメラです。

ナント大聖堂身廊のカメラです。

ナント大聖堂クロッシングのカメラで、カメラ南東方向にブルターニュのフランシスコ2世の墓、北北西方向にラモリシエール将軍の慰霊碑があります。

地下聖堂のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*