ナント市庁舎

マーカーはナント市庁舎です。

ナント市庁舎
[ロワール川が大西洋に流れ込む手前の地点に開けたロワール地方最大の都市。
ガリアローマ時代にコンディヴィンクムと呼ばれていたナントは一時期ノルマン人の支配下に置かれるが、10世紀にはブルターニュ公領となる。1598年アンリ4世が信教の自由を認めるナントの勅令を公布した地としても名高い。
18世紀にはアフリカとの砂糖と奴隷の貿易(三角貿易)で繁栄。現在もフランス屈指の貿易港として重要な役割を担っている。
第二次世界大戦中はドイツに抵抗する地下活動の拠点であったため、市街の破壊は著しいものがあった。しかし、ナントのシンボルでもあるブルターニュ大公城サン・ピエール・サン・ポール大聖堂ルイ・フィリップの時代にさかのぼる商店街「パッサージュ・ポムレイ」など、ナントの繁栄ぶりをうかがわせる歴史的 な建造物が数多く現存する。
またナントは作家ジュール・ヴェルヌや、「シェルブールの雨傘」などの映画監督ジャック・ドゥミの故郷でもある。現在では現代アートを街中に多く取り入れた、パブリックアートも多く、新しいアトラクション「ナントのマシーンドリル」など、新奇な取り組みにも力を入れている。
日本でも毎年行われているクラシックのフェスティバル、「ラ・フォル・ジュルネ La Folle Journee」や、三大陸映画祭などのイベントも世界的に知られている。
ナントからのエルドル川クルーズも楽しい。川の両岸に次から次へと城が現れる。ナイトクルーズではこうした城がライトアップされ、さらにロマンチックなクルーズが味わえる。  (「ナントでRendez-vous | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構」より)]

カメラ北方向がナント市庁舎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*