ナント植物園

マーカーはナント植物園です。

ナント植物園(Jardin des plantes de Nantes)
[マラコフ区(Quartier Malakoff)にあり、7ヘクタールの面積を持つ。  (wikipedia・ナントより)]

[ナント植物園は、フランスロワール=アトランティック県、ナント、スタニスラス・ボードリー通り(Rue Stanislas Baudry)にある市立植物園です。毎日無料で開いていますが、温室は有料です。 市で最も古い植物園は、今日のパレ通り(Rue Paré)近くのナントの中世の城壁(Enceinte médiévale de Nantes)の外にある小さな薬草コレクションとして1688年に建てられました。]

[ナント駅の目の前にある”ナント植物園”。とにかく緑が豊富です。園内にはカフェもあり、もちろん芝生に入って寝ころぶこともできます。そして、なんといっても園内にはユニークな動物たちがいます。思わず笑みがこぼれてしまう。池もあります。木陰にあるベンチに座ってしばらく池を眺める。それだけで癒されます。
園内は少し坂道があります。そして坂を上がった先に、写真撮影ベストスポットがあります。面白いのはこの巨大ベンチ!!時計があって・・・目覚まし時計かな??あひるさんが眠っています。ちなみにこの写真撮影スポットには、ちゃーんと撮影場所があって、そこから写真を撮るといい写真が撮れます!!ヒントは額縁です。手前にあるはずです!  (「フランス・ナントの憩いの場「ナント植物園」で癒される!!(フランス留学 」より)]

ナント植物園ホームページ

植物園 – Google Map 画像リンク」「Dépodépo – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がナント植物園ゲートです。

ナント植物園温室前のカメラです。

噴水のある池、カメラ東方向は何かな?

巨大ベンチ前のカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*