ノートルダム・ド・ボン=ポール教会

マーカーはノートルダム・ド・ボン=ポール教会です。

ノートルダム・ド・ボン=ポール教会(Église Notre-Dame de Bon-Port)
[1846年建設。フォッセ埠頭に近い。アンヴァリッドに似たドームを持つ。  (wikipedia・ナントより)]

[ノートルダム・ド・ボン=ポール教会(ローカルでサンルイ教会とも呼ばれます)は、1852年にナントに建築家サン・フェリックス・セフル(Saint-Félix Seheult)とジョセフ・フルーリー・シュナンテ(Joseph-Fleury Chenantais)によって建てられた教会です。1975年10月に歴史的建造物としてリストされ、1891年にナントのオルガン制作者ルイ・デビエール(Louis Debierre)によって建設されたオルガンの楽器部分は、1975年12月に歴史的建造物の対象として分類されました。

正式名称は「ノートルダム・ド・ボン=ポール教会」ですが、一般的に「サン・ルイ教会」と呼ばれ、ナントのルイ・ヒャサント・レベスク(Louis-Hyacinthe Levesque)市長の建設中に言及されました。市長が寛大な寄付者として、その守護聖人(サン・ルイ、フランス王ルイ9世(在位:1226年 – 1270年))の名を冠したいと望んだ最初の教会です。
ノートルダムドボン港は、19世紀に都市の西への拡張と港の近くの地域の開発が完了しました。1827年に建てられた古い教会は、ウジェーヌ・リヴェ広場(Place Eugène-Livet)の北側にあり、開発中の地区の教区信者を収容するには小さすぎたため、新しい建物の建設が決定されました。
19世紀初頭に設立され、サンニコラの教区から生まれたノートルダム・ド・シェジネ(Notre-Dame de Chézine)の新しい教区は、安価に建てられた控えめな原始教会を使用していました。1843年に、初期の腐敗のために、新しい場所ルイ・プルデント(Louis-Prudent)兄弟とコンスタント・ドゥイヤール(Constant Douillard)兄弟によって半円形に設計された新しい広場の北にある、古い廃れたサニタ・ホスピスで再構築することが決定されました。 
プロジェクト管理チームは、教区司祭のフレズノー(Fresneau)によって選ばれました。彼らは、1845年に正方形の平面の記念碑的な教会を起案した2人の建築家サン・フェリックス・セフルとジョセフ・フルーリー・シュナンテです。同時に建てられたサン・ニコラ教会の反対側にあるこの建物は、中世からの影響を一切拒否し、反改革のバロック様式の伝統を復活させています。それを覆うドームは、アンヴァリッドのものを思い起こさせます パリのアンヴァリッドのファサードやローマのサンピエトロ大聖堂のファサードには、黄金の大天使の像が尖塔の頂上に立っています。
教会は、区画地の北を占めるアパートの建物の後部に取り付けられています。新しい地区の新しい建物、それが主要な要素になります。技術革新は、木製フレームではなく金属フレームのおかげで、ドームの重量を軽くしながら、より細くするという選択にあります。モザイクと寄木細工が床を覆っています。 就任式は1858年に行われましたが、壁画は20世紀の初めまで完成しませんでした。アルフォンス・ル・エナフ(Alphonse Le Hénaff)の作品は、1858年から1860年まで実施されます。オルガンは1985年に復元され、ドームの頂点にある尖塔は2006年に再作成されました。
教会は1975年10月29日に歴史的記念碑として登録されました。
ノートルダムドボンポート教会のファサード・wikipedia-photo、夜のノートルダムドボンポート教会・wikipedia-photo、「ジョセフ・バレット(Joseph Vallet)によるノートルダム・ド・ボン・ポートの像」・wikipedia-photo、ポーチの詳細・wikipedia-photo、「フランソワ・デニスによるキリストの昇天を表すステンドグラスの窓」・wikipedia-photo、「ルイ・デビエールのオルガン」・wikipedia-photo]

Église Notre-Dame-de-Bon-Port – Google Map 画像リンク」「Église Notre-Dame-de-Bon-Port – Google Map 画像リンク」

カメラ北北西方向がノートルダム・ド・ボン=ポール教会です。

ノートルダム・ド・ボン=ポール教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*