レ・マシーヌ・ド・リール

マーカーはレ・マシーヌ・ド・リールです。

レ・マシーヌ・ド・リール(Les Machines de l’Île)
[2007年に開園した遊興施設。ロワイヤル・ド・リュクスが、ジュール・ヴェルヌの世界をテーマにした興行を行った。
1979年に結成されたストリート・シアター集団ロワイヤル・ド・リュクスは、ナントを本拠としている。大がかりな巨大な操り人形を用い、童話の世界のようなショーを行う。1999年に結成された機械を作る集団ラ・マシンはナントの「マシン・ド・リル」プロジェクトで巨大な象等を提供している。  (wikipedia・ナントより)]

[西部の地方都市ナントにあるフランスで今一番人気の遊園地。SF小説の父、ジュール・ヴェルヌの「蒸気で動く家」や「海底二万里」などの世界を体験できます。
この遊園地にいるのは機械仕掛けの生き物たち。50人もの人を乗せて歩く巨大なゾウは重さ50t、長さ12m!
海洋生物のメリーゴーランド。乗りながら操作出来るのも楽しい!
工房やギャラリーを見学することも出来ます
料金
・ゾウ1回30分 8ユーロ
・海洋生物のメリーゴーランド 1回8ユーロ
・ギャラリー見学 7ユーロ
・日曜休業
※チケットの組み合わせや子供料金、グループ料金など各種割引があります  (「レ・マシーン・ド・リル(島の機械たち) – バックナンバー|TBSテレビ:日立 …」より)]

Les Machines de l’Îleホームページ

ナント@ブルターニュ(3)ナント後編:ゆのみフランスに行くPartII 」、「【ELLEgirl】A city of wonders. パリから行ける不思議の街。|Naoko’s

ナント島のマシン – Google Map 画像リンク」「Les Ateliers et Chantiers – Google Map 画像リンク」「L’arbre à basket – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がレ・マシーヌ・ド・リールです。

カメラ南東方向がギャラリーに待機しているレ・マシーヌ・ド・リールの巨大なゾウです。

カメラ西北西方向が「海のメリーゴーランド」で、カメラ北北西方向に散歩中の巨大なゾウが見えます。

ギャラリーのカメラ。

カメラ位置は工房内です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*