バスターミナル

「Google Earth で街並散歩(ヨーロッパ編)」「(ヨーロッパ編-2)」で取り上げた、バスターミナルについてまとめてみました。

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

     
    ウィキペディアのユーロラインズには下記の記述がされています。
    [国際バスを運行しているのは、ユーロラインズ加盟会社だけで無く、非加盟のバス会社も多くの国際バスを運行している。
    運賃は全ての料金を含んでおり、格安航空会社のようにホームページの価格が諸税・燃油付加料金が含まれていないため実際より安く見えるような事は無い。また、運賃は閑繁やマーケティング戦略により大幅に値引きされることもあり、購入前に十分吟味する必要がある。
    全てのバスがユーロラインズ塗装をしている訳では無く、加盟各社およびその子会社などの塗装がなされたバスが利用されることもある。
    一般的な利用方法は次の通りである。
    ●事前の切符購入(インターネットまたは、窓口)が必須の場合がある
    ●始発や大きなバスターミナルの場合、チェックイン手続きが出発10~20分前に始まるため、その時間に待合室にいることが要求される場合がある (例:ロンドンのビクトリア・コーチステーションなど)
    ●バスに乗車するときには、大きな荷物はトランクに預ける。国によってはトランク利用料を別途支払う(例:クロアチアなど)
    ●バスは数時間おきにトイレ休憩(大抵は10分程度)や食事休憩(30分~1時間程度)が行われる
    ●全てのバスが車内トイレ装備とは限らない
    ●車内でのアナウンスは、現地語でしか行われない。運転手は大抵の場合英語は通じない(ヨーロッパ大陸に英語を公用語とする国はないため)
    ●国境検査がある国境での方式はいろいろあり
      ●車内でパスポートが集められ、運転手が国境検査事務所に持参する方式
      ●検査官が車内に乗り込んできて、一人ずつパスポートチェックをする方式
      ●全員をバスから降ろして、一人ずつパスポートチェックをする方式
    ●国境検査で入国拒否された場合、そこで下車する。運賃の返金は通常認められない
    ●基本的に国境を越える乗車以外は認められないので、到着国の停留所では下車のみ受け付ける
    ●到着国の停留所は、下車客が居ない場合通過することがある (車内で意志表明が要求される場合があり、意志表明しない場合降りないものとして停留所を通過される可能性がある)
    ●鉄道のように、停留所に着いたからといって個々の客に教えてくれるということが無い可能性もある(現地語の車内放送は通常行われる)
    ●途中で乗り継ぐ場合、荷物は自分でトランクから出して、次のバスに乗せる必要がある]

    主な国際・長距離バス運営会社
    ■ユーロラインズ(Eurolines)
    ユーロラインズには、26ヶ国の32社が加盟している。組織の本部はベルギーブリュッセルにあり、本部の役割は加盟各社間の利害調整および、対外的な連絡組織である。2018年現在、およそ各国合計600箇所の停留所が存在しています。
    ユーロラインズは1985年に設立されました。その前身は、1951年にヨーロッパの11の国鉄会社のコンソーシアムであるUnion des Services Routiers des Chemins de FerEuropéens(URF)が作成したEuropabusブランドネットワークです。
    2019年時点で、ユーロラインズはヨーロッパ全土から29の協力コーチ会社のネットワークを持ち、単一の会社ではなく、部分的に統合された発券と広範な接続を提供しています。2019年3月現在、25か国で営業しています。
    2010年代後半、ユーロラインのネットワークは変化し始めました。
    ●2018年1月、National Expressはユーロラインズの組織から撤退し、Ouibus(現BlaBlaBus)との提携を希望しました。
    フランスオランダ、ベルギー、チェコ共和国スペインで事業を展開しているユーロラインズ、およびイシリンズブランドはすべてVeolia Transportとその後のTransdevが所有していたもので、2019年4月にFlixbusによって買収されました。

    Eurolines ホームページ」 – 「ルートマップ」(出発となるバスステーションをクリックするとバスルート目的地の一覧が表示されますので、目的地をクリックするとルート表示がされます。)

    Flixbus
    Flixbusは、ヨーロッパとアメリカで都市間バスサービスを提供するドイツのブランドです。FlixTrainとFlixCarも運営しているFlixMobility GmbHが所有しています。
    FlixBusはバスを所有しておらず、ドライバーも雇用していません。 そのサービスは地域のバス会社と協力して実行されます。 ローカルパートナーはルートの日常的な運営を担当し、Flixbusは許可、ネットワーク計画、マーケティング、価格設定、品質管理、およびカスタマーサービスを担当し、チケット価格の25〜30%を保持し、残りはそのルートの運営パートナーに送金します。このビジネスモデルは非常に適応能力が高く、同社は急速に成長することができました。2018年現在、ドイツのバス旅行の市場シェアは90%です。
    FlixBusは、バスの持続可能性、低価格、バス内での無料Wi-Fiを強調しています。お客様は、チケットをオンラインで購入するときに、二酸化炭素排出量を相殺する(カーボンニュートラル)ことを選択できます。オフセット費用はチケット価格の1〜3%で、国際的に認定された気候プロジェクトに送られます。Flixbusには、BYD AutoYutongがフランスとドイツで作った電気バスが運行する路線があります。
    Flixbusは、2011年にDaniel Krauss、Jochen Engert、AndréSchwämmleinによってミュンヘンで設立され、2013年2月にドイツのバイエルンで最初の3つの路線を開始しました。2013年から開始されたドイツ国内の長距離バス市場自由化に伴い、これまでドイチェ・バーン(ドイツ鉄道)の独占市場だった長距離バスの運行に、新規参入しました。
    Flixbusは2016年7月1日から、Stagecoach GroupからMegabus Europeを買収しました。Stagecoach はサービスを運営する請負業者として残ります。

    FlixBus(フリックスバス)ホームページ」(表示ページ下段にAll cities:のアルファベットが表示されますので、検索都市の頭文字をクリックして、該当する一覧が表示されますので、該当都市名をクリックすると、該当都市のバス停留所の地図が表示されます。)

    Megabus (Europe)
    Megabusは、Stagecoach Groupが運営する長距離バス(都市間バスサービス)のオペレーターです。2003年8月に操業を開始し、最初は英国で、その後ヨーロッパ大陸に拡大しました。一部のサービスは、同じくStagecoachが運営するMegatrainサービスとリンクしています。
    運賃は、以前は1ポンドからだった歩留まり管理(Yield management)モデルを使用していました。
    2016年6月、Stagecoach Groupはヨーロッパ本土のすべての事業、およびロンドンとヨーロッパを結ぶこれらのサービスをドイツの競合会社Flixbusに売却しました。メガバスは請負業者として機能するため、売却により乗客のルート変更はありませんでした。英国国内の事業は、Stagecoachの管理下にあります。
    2018年3月、広告基準局は、メガバスに1ポンドの運賃を約束する広告の使用を禁止しました。メガバスの対応は、£1の運賃をすべて引き下げることでした。

    [http://uk.megabus.com/Default.aspxのExplore – BUS STOPSで表示される一覧から到着都市を選択するとメガバス停留所と情報が表示されます。]

    BlaBlaBus
    BlaBlaBus(旧Ouibus、旧iDBUS)は、ヨーロッパでコーチサービスを運営しています。現在、BlaBlaBusは、エクスアンプロヴァンス、アムステルダムバルセロナ、ブリュッセル、ジェノアリールロンドンリヨンマルセイユミラノニースパリパリ=シャルル・ド・ゴール空港サン・セバスティアントリノにサービスを提供しています。ルートネットワークは徐々に拡大しています。Ouibusには3つの主要なハブがあります。パリ・ベルシーリヨン・ペラーシュ、リールヨーロッパ(Gare de Lille Europe)。 2012年にフランス国鉄によって設立され、2018年11月にBlaBlaCarによって買収され、BlaBlaBusにブランド変更されることが発表されました。

    BlaBlaBusホームページ」(ホームページの最下段に表示される「See all journeys」をクリックすると、バスルート一覧が表示されますので出発地停留所一覧のバスルートのいずれかをクリックすると出発地停留所の地図が表示されます。) – 「停留場一覧地図」(出発地点をクリックする、そこからアクセスできる到着地点が表示され、希望到着地をクリックすると、標準料金が表示されます。)

    Lux Express Group
    Lux Express Group は、欧州連合ロシア連邦ベラルーシ共和国の都市間および国際バス輸送の分野でLux ExpressおよびSimple Expressの商標で運営されているエストニアの企業です。
    会社は1993年に設立されました。
    2014年6月2日、同社はヘルシンキサンクトペテルブルクのルートで業務を開始しました。
    2015年1月15日、同社はリガカリーニングラードルートでの業務を停止しました。
    2015年3月5日、同社はワルシャワクラクフルートを開設してポーランド国内市場に参入しました。

    ALSA
    ALSAは、英国企業National Expressのスペイン子会社であり、スペインおよびアンドラオーストリア、ベルギー、チェコ共和国、フランス、ドイツ、ハンガリーイタリアマルタオランダ、ポーランド、ポルトガルルーマニアスロバキアスイスウクライナが含まれるヨーロッパの他の国でバスおよびバスのサービスを運営しています。また、モロッコとプエルトリコでも事業を展開しています。
    ALSAは中国とチリでも事業を行っていましたが、これらは以前の会社の所有者が保持しており、National Expressは所有していません。
    ALSAは1923年に設立されたとき、スペイン北部のアストゥリアス地方のルアルカ(Luarca)とオビエドに拠点を置く地域事業者にすぎませんでした。同社は継続的に拡大し、1980年代にはスペインを代表する旅客輸送業者となり、2000年までにスペインと西ヨーロッパのほとんどをカバーしました。
     20世紀の終わりに向けて、アルサは主にレオン、エナトカー、コンチネンタルオートを拠点とするエンプレサフェルナンデスをはじめとするスペインの数社を買収しました。
    2005年10月、National ExpressはALSAの過半数の株式を取得し、ALSAブランドを維持しました。 National Expressは、2007年にALSAの主要なスペインのライバル、コンチネンタルオートを買収しました。

    Rede Nacional de Expressos
    Rede Nacional de Expressos(National Express Network)は、ポルトガルにある全国的な高速バスのネットワークです。リスボンを拠点とするネットワークは、1995年に設立されました。Rede Expressosに関連付けられているバスのほとんどがRede Expressosブランドのカラーリングを使用しているにもかかわらず、すべてのバスがバス所有会社に属しているため、Rede Nacional de Expressosはバスを所有していません。
    Rede Nacional Expressosバスには無料のwifiが備わっています。

    Scottish Citylink
    Scottish Citylinkは、スコットランドアイルランド、イギリスの長距離エクスプレスコーチオペレーターです。同社は、1985年3月にScottish Transport Groupの子会社として設立されました。
    Scottish Citylinkは、スコットランド内で長距離エクスプレスサービスの広範なネットワークを運営しており、グラスゴーエジンバラアバディーンダンディースターリングインバネスの都市を結ぶ19のルートを運営し、スコットランドの主要都市地域にいくつかのハイランドのコミュニティをリンクしています。サービスは、ストランラー(Stranraer)とベルファストの間のフェリーリンクを介して北アイルランドにも運行しており、ブラックプールには季節的な働きがあります。スコットランド内のスコットランドのCitylinkは、合計で200以上の目的地にサービスを提供し、「目的地」地域の地元のオペレーターが提供する約90台のコーチを使用し、年間300万人の乗客を運んでいます。

    ■バス・エールン(Bus Éireann)
    バス・エールン(Bus Éireann)は、アイルランドの全域でサービスを提供するバスおよびコーチオペレーターです。ただし、姉妹会社のダブリンバスが提供するダブリン地域のバスサービスは例外です。 CórasIompairÉireannの子会社です。同社の主要なハブは、中央ダブリンのストアストリートにあるブサラス中央バス駅です。
    バス エールン(Bus Éireann)は、1987年2月にコーラスイオムペアエイラン(CIÉ)から分離されて設立されました。バス・エールン(Bus Éireann)のロゴには、アイルランドで生まれた犬種である赤いアイリッシュセッターが組み込まれています。
    アイルランド共和国および北アイルランドにおけるバス・エールンのUlsterbusに関連する主なサービスは次のとおりです。高速道路(都市間)、通勤、地方および学校サービス。
    アイルランド国内のその他のサービスには、コーク、ゴールウェイ、リムリックウォーターフォードの都市間サービス、アスローン、バルブリガン(Balbriggan)、ドロヘダダンドークナヴァンスライゴのタウンサービスがあります。
    バス・エールンは、イギリスとヨーロッパへの国際サービスを運航しています。これらのサービスは、ダブリンとロスレアユーロポート(Rosslare Europort)のフェリーボートを介して提供されます。対象都市には、ロンドンバーミンガムマンチェスターリバプールリーズなどがあります。 これらはEurolinesブランドで運営されています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *