サンタ・エングラシア橋

マーカーはサンタ・エングラシア橋です。

サンタ・エングラシア橋(Puente de Santa Engracia)
[アルガ川に架かる中世の橋がいくつかある。サンタ・エングラシア橋、ミルース橋マグダレーナ橋サン・ペドロ橋である。  (wikipedia・パンプローナより)]

[サンタ・エングラシア橋の建設は13世紀以前にさかのぼります。その時点で、北から都市へのアクセスが可能になりました。この橋は、認識できるゴシック様式の石畳スタイルで、川が流れる3つのわずかに尖ったアーチでアルガ川に架かっていて、橋の上流には小さな堰堤があります。最初はマゾン橋(puente de Mazón)と呼ばれていましたが、同じ名前の工場に近いため、1227年にサンタ・エングラシア(Santa Engracia)の貧しいクラレス修道院が数メートル先に設置されたため、最終的な名称変更が行われました。名前は変わりませんでしたが、言及された修道院は18世紀に姿を消しました。
ギプスコアの大通りにある橋の一方の端には石の十字架があり、その起源は不明ですが、ナバラ州の首都の他の部分にいくつかの双子がいます。
(Puente de Santa Engracia – Insider Pamplona)]

アルガ川公園(Parque fluvial del Arga – Pampiruna)
アルガは、パンプローナを通る主要な川です。この公園は、徒歩または自転車で河岸に沿って川の全経路をカバーするように設計された11キロメートルのトレイルと休憩およびレクリエーションエリアで構成されています。途中で、美しい自然の風景やその他の興味深い要素を見ることができます。次に、西から東への方向に沿って最も興味深いものを表示します。つまり、川の流れの反対です。

1.-ミルース橋、2.-サンタ・エングラシア橋、3.-プラザラ橋とトンネル、4.-ロシャペア橋、5.-パウダーミルの遺跡、6.-サン・ペドロ橋、7.-マグダレナ橋、8.-歩道橋、9.-カパロソミル、10.-ゴニファーム

Puente de Santa Engracia – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がサンタ・エングラシア橋です。

カメラ位置はギプスコアの大通りで、カメラ北北東方向に石の十字架があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*