サン・ペドロ宮殿(ナバラ総合公文書館)

マーカーはサン・ペドロ宮殿(ナバラ総合公文書館)です。

サン・ペドロ宮殿(ナバラ総合公文書館・Palacio de los Reyes de Navarra)
[サン・ペドロ宮殿は、歴代のナバラ王とパンプローナ司教によって変わりながら使用された。この宮殿は近代初期にはスペイン王国副王の宮殿となり、後にはナバラの軍事総督府が置かれた。スペイン内戦(1936年7月 – 1939年3月)以後、宮殿は廃墟と化し、近年になってナバラ総合公文書館として再建された。  (wikipedia・パンプローナより)]

[ナバラ王の宮殿は、現在ナバラ王立および一般公文書館として機能している建物で、スペインナバラの首都パンプローナにあります。
この建物は、12世紀に王の宮殿として始まりました。16世紀にナバラを征服した後、副王の住居となりました。1971年までフランコ体制下の軍事政権の総督府(Capitanía general)として使用され、その後30年間放置されました。長い間放棄された後、2003年にラファエル・モネオ(Rafael Moneo)によって改築され、ナバラの王立および一般公文書館になりました。
歴史
この土地、パンプローナのブルゴス(Burgos de Pamplona)の丘の中腹に、アラゴン王アルフォンソ1世(在位:1104年 – 1134年)が建物の建設を禁止し、渓谷で区切られたサン・セルニン(San Cernin)の村を保護しました。ナバラ王サンチョ6世(在位:1150年 – 1194年)は、王宮の建設のためのスペースである市内のすべての土地を所有していた司教に同意し、それを取り消しました。この宮殿は、1198年にナバラ王サンチョ7世(在位:1194年 – 1234年)の時にパンプローナ司教への抵当とされ、多数の訴訟につながり、その結果、ナバラ王と司教の会によって共同で使用されました。
ナバラ王テオバルド1世(在位1234年 – 1253年)は1246年にパンプローナに到着したときに、ペドロ・ルイス・デ・ピエドロラ(Pedro Ruiz de Piedrola)司教が占領した宮殿に入り、大聖堂の回廊の隣にあるイエスキリストの礼拝堂の隣の「古い宮殿」に滞在しなければなりませんでした。これは、宮殿の所有のために争っていた両方の力の間の緊張を引き起こしました。テオバルド1世はペドロ・ヒメネス・デ・ガゾラズ(Pedro Jiménez de Gazólaz)司教(司教任期:1242 – 1266)を裏切り者だと非難しました。その見返りに、司教は王を破門し、報復を避けるため、アラゴン連合王国に属するナバルドゥン(Navardún)に逃げ、3年間過ごしました。王は破門の解除を要求するためにローマに接近しなければなりませんでした。この同じガソラズ司教はナバラ王テオバルド2世(在位:1253年 – 1270年)宮殿に戻りましたが、教皇アレクサンデル4世(在位:1254年 – 1261年)はこの返還を無効にし、紛争が続いた。
ナバレリアの戦争中の1276年、宮殿は大きな被害を受けました。なぜなら、遊歩道からナバレリアの住民がサン・セルニン(San Cernin)の自治区を投石機で攻撃していたからです。
教皇マルティヌス5世(在位:1417年 – 1431年)は、サン・ペドロ宮殿をナバラ女王ブランカ1世(在位:1425年 – 1441年)に与えられるよう手配しました。侵攻後、宮殿を手に入れるための別の司教の試みがありました。今回はパンプローナ・ベルナルド・デ・ロハス・サンドヴァル(Pamplona Bernardo de Rojas Sandoval)の司教によるもので、カタルーニャ君主国に訴訟を起こし失敗しました。
カトリック王フェルナンド(アラゴン王・在位:1479年 – 1516年)によるナバラ王国の征服後、1539年以降、スペイン・ハプスブルク朝の総督の居住地になりました。スペインの王たちも、街を訪れたときにそこにとどまりました。スペイン王フェリペ2世(在位:1556年 – 1598年)も1592年に、一説によれば、司教座の盾を入り口から取り除き、古い城にあった王室の盾を置いたとされます。
スペイン王フェリペ5世(在位:1700年 – 1746年)は1706年に滞在しました。フランス皇帝に擬せられたジョゼフ・ボナパルトは引退中に夜を過ごしました。
エミリオ・モラ(Emilio Mola)は1936年2月からこの宮殿で北軍のナバラ司令官として認められ、マドリッドの秘密の会議で、スペイン第二共和政に対するクーデターの責任者に任命され、スペイン内戦を引き起こしました。
1976年に放棄されて、それは州の自然の歴史的な芸術的な記念碑(Bien de Interés Cultural)として宣言されました。改修計画するための調査が行われている間、建物は意図した放火犯の攻撃を繰り返し受け、1978年5月以降ほぼ毎月放火が行われ、1983年10月に最高潮に達しました。15日以降消防士は 12回出動しなければなりませんでした。
建築家のマヌエル・イニゲス(Manuel Iñiguez)とアルベルト・ウスタロズ(Alberto Uztarroz)は、1987年9月にナバラ州から委託された計画案を提出し、ナバラ歴史博物館として建物が完全に改修されました。1993年の後半にナバラの歴史アーカイブに割り当てることが決定され、この目的のために、建築家ラファエルモネオ(Rafael Moneo)に要請して最終プロジェクトを準備しました。1994年に工事が始まり、建物の一部を取り壊しました。これは事前打ち合わせでは想定されていなかったものです。 同様に、ファイルが配置される新しい計画の付属タワーが建設されました。
「ナバラ王の宮殿、現在、ナバラ王立および一般公文書館」・wikipedia-photo、2009年のナバラ王立および一般公文書館(旧ナバラ王の宮殿)の正面玄関・wikipedia-photo、古い建物の改革と適応後の現在の建物の一部・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サン・ペドロ宮殿(ナバラ総合公文書館)に関するマルチメディアカテゴリがあります。]

Royal and General Archive of Navarra – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がサン・ペドロ宮殿(ナバラ総合公文書館)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*