城塞公園

マーカーはパンプローナ城塞です。

パンプローナ城塞(Ciudadela de Pamplona)
[カスティーリャ王国(1035年 – 1715年)による併合後、フェルナンド5世(アラゴン王・在位:1479年 – 1516年、カスティーリャ王・在位:1474年 – 1504年)は1513年に、中世の城と非常に近接した場所にある新しい城の廃棄を命じた。しかし、大砲の進化が要塞化システムの完全な刷新を要求した。フェリペ2世(在位:1556年 – 1598年)は市南側に星型要塞の建物建設と、全ての城壁の現代化を命じた。16世紀終わりから18世紀にかけて建てられた城壁は現在も残っている。
中世の構造全ては大砲を用いた攻城戦に抵抗する手段として交換された。現代の戦争に向かず完全に廃れ、1915年、軍は城壁の破壊を許可し、市周囲の建物制限を廃止した。壁の南側は破壊され、その他の三方は都市の成長を妨げないよう残された。星型要塞は1964年まで軍事設備として使用され続けたが、それは兵舎としてだった。現在は軍事施設は公園として利用されている。  (wikipedia・パンプローナより)]

[1571年、ナヴァーラの実質的支配者であったスペイン帝国最盛期の国王フェリペ2世は、脆弱であった町の南側を強化するため、城塞の建築を命じる。星型の城塞は、ルネサンス期イタリアアントワープの城塞を参考にして設計され、星の各先端から全方向に向けて攻撃できるように作られた。そのうちの3分の2は市街地の方を向いており、ナヴァーラ王の主権回復を願う民衆の反乱を抑制する役割をも担っていた。1964年、城塞は軍事的役割を終え、公園として整備された。現在は星の角部分が3つ残っており、中の建物は展示スペースとして利用されている。星の外周にもぐるりと緑が広がっており、敷地はかなり広大。  (「パンプローナPamplona – チェーザレ・ボルジアとその周辺」より)]

[要塞跡公園ではサン・フェルミン祭の間、毎晩花火が打ち上げられる。サン・フェルミン祭における花火の打ち上げは、1595年まで遡ることが知られている。2000年以降は毎年、国際的な花火コンテストが開催されている。公園の周辺では数千人の人々が草地の上で花火を見物する。  (wikipedia・サン・フェルミン祭より)]

城塞平面図

Wikimedia Commons alberga una categoría multimedia sobre Ciudadela de Pamplona.

Ciudadela de Pamplona – Google Map 画像リンク」「Puerta del Socorro – Google Map 画像リンク

城塞公園入口(地図 – ZONA DERRIBAADA上付近)のストリートビューです。

地図 – pabellon de mixtos 前のカメラです。

地図 – sala de armas 前のカメラです。

地図 – CONTRAGUARDIA DE SANTA ISABEL左付近のカメラです。

地図 – CONTRAGUARDIA DE SANTA CLARA 付近のカメラです。

城塞公園・濠のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*