牛追いの記念碑(サン・フェルミン祭)

マーカーは牛追いの記念碑です。

サン・フェルミン祭
[サン・フェルミン祭(スペイン語: Fiesta de San Fermín, バスク語 : Iruñeko Sanferminak)は、スペインナバーラ州の州都パンプローナで7月に開催される祭礼。バレンシアの火祭り(3月中旬)、セビリアの春祭り(主に4月後半)と並び、スペイン3大祭りのひとつに数えられる。アーネスト・ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』(1926年)で英語圏の人々に知られるようになり、世界的にもっとも有名なスペインの祭礼のひとつである。毎年約100万人の観光客を集める。
祭礼の起源は12世紀初頭に遡る。エンシエロ(牛追い)が有名で、牛追い祭りの別名で知られる。ただし、エンシエロはスペインで闘牛の前に広く行われていた催しで、特にナバーラ州には数多くの祭礼でエンシエロが実施されている。また、イベリア半島には牛が登場する守護聖人祭が多くみられ、これらはキリスト教の侵入以前に存在した雄牛信仰の残存または変容とされている。スペイン人はケルト・イベロ族の時代から雄牛に対する崇拝精神を持ち、闘牛には願掛け儀式的要素が加わった。有能な闘牛士には英雄としての名誉が与えられることも、勇敢さそのもののエンシエロにスペイン人が夢中になった要因のひとつである。[6]
パンプローナの守護聖人である聖フェルミン(Fermin)を称える宗教儀式が起源である。毎年、聖フェルミンの記念日である7月7日をメインの日とし、7月6日の正午から7月14日の24時(15日の0時)までの9日間開催される。ただし7月6日は前夜祭的なスケジュールでエンシエロなどはないため、7月7日からと紹介されることもある。
エンシエロ(牛追い)
エンシエロ(牛追い)は7日から14日の朝に行われる、サン・フェルミン祭でもっとも重要な祝祭儀礼である。何百人もの人々が闘牛6頭(おもに黒色)の前を走り、別の雄牛6頭(おもに白色と茶色)が闘牛に続く。道幅4-5mのパンプローナ旧市街には仮設の木柵でコースが設けられ、825m(0.51mil)のルートを人と牛が駆け抜ける。エンシエロは約3分間で終了する。
エンシエロの進行
エンシエロ前日の23:00頃には、飼育場から待機場に雄牛が移動(エンシリーリョ)させられる。この際に市民が雄牛の前を走ることはないが、1000人以上が深夜の移動を見守る。
エンシエロが行われる日の早朝には、ガイタ(バグパイプ)の楽団が市中を練り歩いてエンシエロの開始を告げるディアナスが行われる。参加者(コンドレス)は早くからスタート地点のサント・ドミンゴ通りに集まり、壁の隙間に設置された聖フェルミンの小さな彫像の前で聖歌を三度歌い、無事に走りきれることを祈願する。8:00にエンシエロが開始され、第1の花火に火が付けられて囲い場から闘牛6頭を放たれる。1924年以前は6:00に開始されており、1924年から1974年は7:00に開始されていた。
第2の花火で別の雄牛6頭が囲い場から放たれると、雄牛6頭が闘牛6頭をうまく誘導し、また緑色のTシャツを着て長いポールを持った牛飼いにも追い立てられる。スタート地点からサント・ドミンゴ通りの坂を駆け上がると、市庁舎前の緩やかなカーブを抜け、メルカデレス通りとエスタフェタ通りの間では鉤型に曲がる。エスタフェタ通りの約400mの直線を上り、電話局を過ぎるとゴールのパンプローナ闘牛場がある。すべての雄牛・闘牛が闘牛場に入ると、第3の花火が鳴らされる。12頭の牛が囲い場に収容された時に第4の花火が鳴らされ、これによってエンシエロは結びとなる。エンシエロ後には角をクッションで保護された若い牛が闘牛場内に放たれ、群衆は素人闘牛を楽しむ。
エンシエロ(牛追い)・wikipedia-photo、エンシエロ・wikipedia-photowikipedia-photo、負傷者の手当てをする救護隊・wikipedia-photo  (「サン・フェルミン祭」より)]

Encierro/Entzierroa Monument – Google Map 画像リンク

カメラ西方向に牛追いの記念碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*